新刊・イベント・講座情報

2018年7月 7日 (土)

7月以降のトークイベント

 このあと予定されているトークイベントの日程を開催順にまとめて書きます。すべて予習不要です。

 8月4日(土)15:30~17:00 朝日カルチャー新宿

 編者をつとめた軽妙洒脱なエッセイ集の編纂秘話や、稀代の名訳者・東江一紀の仕事ぶりなどについて、作品社の担当編集者・青木誠也さんとの対談形式でお話しします。東江さんの遺作となった『ストーナー』や『黄泉の河にて』に関しての話もします。くわしい内容はここ


◎誤訳はなぜ起こるか
 
 2月に立川教室でおこなった講座とほぼ同内容。15問ほどの実例に則して、誤読・誤訳が起こる原因をいっしょに考えていきます。


◎翻訳百景・英語と日本語のはざまで
 
「誤訳しやすい英文」「訳文検討道場」「ゲラをめぐるあれこれ」「お楽しみクイズ」など、毎回異なる盛りだくさんの内容です。月1回の「英米小説の翻訳」はハードルが高すぎると感じる人など、ぜひ来てください。3教室とも、終了後に自主参加の懇親会あり。


 10月6日(土) 15:30~17:00 朝日カルチャー新宿(9月29日から変更

 YA翻訳の世界で長く活躍している代田亜香子さんとの公開対談。ジャンルちがいの珍しい組み合わせなので、ぜひどうぞ。

2018年6月18日 (月)

『ねみみにみみず』の快進撃

 4月に出たエッセイ集『ねみみにみみず』(東江一紀著、越前敏弥編、作品社)が、これまで多くの新聞で紹介され、順調に版を重ねています。

 書評が載ったのは、日経新聞(2回)、朝日新聞(野矢茂樹さん)、産経新聞(北上次郎さん)、東京新聞(藤沢周さん)、長崎新聞、沖縄タイムスなど。ほかに「本の雑誌」でもかなり大きく採りあげられ、さらにいくつかの媒体に載ることが決まっています。

 駄洒落満載の軽妙な文体で、翻訳者の日常の喜怒哀楽(特に哀しみ)が活写されていること、そしてその合間に翻訳や人生そのものに取り組むちょっとした哲学とも呼ぶべきものが織りこまれていることが、好評を博している理由だと思います。

 そして、6月15日の朝日新聞第1面「折々のことば」でも採りあげられました。紹介されたのはこの2文です。

 ――まじめさには、きちんと酸素を補給してやらないとね。
 ――進行方向だけではなくて、周りの風景にも目を配り、最終的には、そういう自分の姿を客観的に眺められる余裕が、ぜひとも欲しい。
(この2文があるのは p143、144です。調整がうまくいかず、画像が横倒しですみません。プリントアウトして右側から読んでください)

Img_1420_4 Img_1419_2

 まだ手にとっていないみなさん、稀代の名翻訳者による緩急自在のエッセイをぜひ読んでください。

 そして、8月4日(土)に朝日カルチャーセンター新宿教室でトークイベント「『ねみみにみみず』の快進撃」を開催することになりました。4月の京都出町座イベントや翻訳百景ミニイベントのときと同じく、作品社の担当編集者・青木誠也さんとの対談形式です。半分ぐらいはちがう内容なので、そのとき参加した人も、よかったらまたお越しください。今回は『ストーナー』や『黄泉の河にて』などの話も多くする予定です。

 東江一紀さんについてもっと知りたい人も、翻訳出版の裏話をたっぷり聞きたい人も、ただ駄洒落が好きなだけの人もぜひどうぞ。

0001
――――――――――

 週刊《読書人》『文芸翻訳教室』についてのロングインタビューが掲載されています。紙面には、ほかにダン・ブラウン来日のレポートなども載っています。
 

2018年6月12日 (火)

INFORMATION 2018-06-12

『黒後家蜘蛛の会2』(アイザック、アシモフ著、池央耿訳、創元推理文庫)新版の解説を担当しました。若いころからの愛読書なので、このような機会を与えてくださった版元に感謝します。このシリーズ(現時点で全5巻)の魅力を自分なりに書いたつもりです。ぜひこの機会にシリーズ全体を楽しんでください。

―――――
『解錠師』のスティーヴ・ハミルトンの新シリーズ第2弾『ニック・メイソンの脱出への道』が今月15日ごろに刊行されます。第1作『ニック・メイソンの第二の人生』と合わせてどうぞ。ある取引によって刑務所から「合法的に」脱出した男の哀しくきびしい人生の物語です。

―――――
 ジュンク堂池袋、ジュンク堂福岡、丸善名古屋、丸善京都の各店舗で、翻訳にまつわる本20数点を集めたフェア「翻訳について語るときに彼らの語ること」がはじまっています。『文芸翻訳教室』や『ねみみにみみず』も並んでいます(折りたたむ関係で画像の一部が逆さになっています)。
1 2

―――――
 朝日カルチャーセンター(新宿・横浜、中之島)の7月期文芸翻訳講座・一般向け講演の予定はここにまとまっています。近日中にもうひとつ、緊急開催の特別講座が追加されます。

2018年5月27日 (日)

朝日カルチャーセンター7月期の文芸翻訳講座

 朝日カルチャーセンターでの2018年7月期の文芸翻訳講座の受付がはじまりました。今期も、新宿教室・横浜教室・中之島教室の3か所で開講します。
 新宿教室についてはこのページ、横浜教室についてはこのページ、中之島教室についてはこのページで、フリーワード検索に講師名を入れてもらえれば、7月期の全講座が表示されます。
 
 3教室とも毎期、「英米小説の翻訳」(要予習、毎月1回)と一般向け定期講演「翻訳百景・英語と日本語のはざまで」(予習不要、各期1回のみで毎回異なる内容、7月期は中之島7月28日新宿9月1日横浜9月8日)があります。

 さらに、今期は横浜教室と中之島教室で特別講座「誤訳はなぜ起こるか」があります(横浜8月25日中之島7月27日、1月期に立川教室でおこなったものと同内容)。また、新宿教室で代田亜香子さんとの公開対談「だから翻訳は面白い・ジャンルの垣根を越えて」があります(9月29日 【7月1日追記 10月6日開催に変更されました】)。

「英米小説の翻訳」は、新宿と横浜は1時間半×3回、大阪は3時間×1回の形でおこないます(大阪は扱う英文の長さが約3分の2です)。原則として、長短編小説の一部をていねいに訳し、全員の訳文を全員に配布して細かく検討していきます。7月期は新人女性作家による一般小説(主人公が6歳の少年)を扱います。

 新宿は火曜午前土曜午後の2クラス(どちらか一方を受講)、横浜中之島は土曜午後の1クラスです。
「英米小説の翻訳」では、英文の訳読のほかに、各期ごとに指定した本(おもに翻訳書または周辺書)を読んできて簡単に感想を言ってもらう時間を少しとります。課題書はこのブログの右側に載せてあり、7月期は先日刊行された『ねみみにみみず』(東江一紀著、作品社)です。
 
 一般向け定期講演「翻訳百景 英語と日本語のはざまで」は、翻訳の仕事にまつわるエピソードなどを英文の実例とともに紹介していくもので、毎回内容が異なります。「誤訳しがちな英文集」「訳文添削道場」「編集・校閲・校正担当者とのやりとり紹介」「お楽しみクイズ」など、初級者から上級者までに役立つ話が盛りだくさんです(予習不要)。
「英米小説の翻訳」を受講中の人やこれから受講しようという人、予習する余裕はないけれど文芸翻訳の勉強を長くつづけたい人などは、可能なかぎり毎回受講してください。語学の知識が少し必要ですが、どなたでも参加できます。
 
◎「英米小説の翻訳」の日程とお申しこみページは以下のとおりです。
新宿火曜午前(7月3日&8月7日&9月4日、10時から11時30分)
新宿土曜午後(7月7日&8月4日&9月1日、13時30分から15時)
横浜(7月14日&8月25日&9月8日、13時30分から15時)
中之島(7月28日、13時から16時)
 
◎一般講演「翻訳百景 英語と日本語のはざまで」のお申しこみページは以下のとおりです。
中之島(7月28日、16時30分から18時)
新宿(9月1日、15時30分から17時)
横浜(9月8日、15時30分から17時)
◎特別講座「誤訳はなぜ起こるか」、代田亜香子さんとの公開対談「だから翻訳は面白い」のお申しこみは以下のとおりです。
中之島(7月27日、19時から20時30分)「誤訳はなぜ起こるか」
横浜(8月25日、15時30分から17時)「誤訳はなぜ起こるか」
新宿(9月29日、10時30分から12時)「だから翻訳は面白い」
―――――
 4月期の「翻訳百景」にも、いまから申しこむことができます。
新宿(6月2日、15時30分から17時)
横浜 (6月2日、15時30分から17時)
 ダン・ブラウン『オリジン』を課題書とした「みんなの読書会」も引きつづき受付中です。どなたでも参加できます。

2018年5月14日 (月)

5月下旬以降のトークイベント&読書会

◎第4回「はじめての読書会」の受付がきのうはじまりました。すでに半分以上のお席が埋まっています。早めにお申しこみください。

日時:7月7日(土)15:00〜17:00
場所:Glocal Cafe 青山
課題書:『ピンポン』(パク・ミンギュ著、斎藤真理子訳、白水社)
司会進行:倉本さおり
パネラー:小国貴司、金承福、竹田信弥、斎藤真理子、藤波健(敬称略)

――――――――――
 5月26日(土)18時から19時30分まで
 青山ブックセンター本店

 『文芸翻訳教室』の刊行を記念し、研究社の担当編集者との対談形式で進めます。事前や当日の質問大歓迎。語学の知識はほとんど必要ありません。現時点で8割程度のお席が埋まっています。早めにお申しこみください。

――――――――――
◎「翻訳百景・英語と日本語のはざまで」
 3か月に1回の一般向け講演。内容は毎回異なります。リニューアルして翻訳学習者向けになったので、語学の知識がある程度必要です。内容の詳細についてはここをご覧ください。

――――――――――
 6月7日(木)19時30分から21時まで
 fabbit青山
 課題書『オリジン』

 ゲストとして話させてもらいます。どなたでも参加できます。

――――――――――
◎7月期の朝日カルチャーセンター文芸翻訳講座(新宿、横浜、中之島)の受付は5月下旬にはじまります。このブログでもそのころに紹介します。

2018年5月 1日 (火)

5月、6月のトークイベント&読書会

 5月6日(日)14時から15時30分ごろまで
 HMV HIBIYA COTTAGE

 『文芸翻訳教室』の刊行を記念し、2月末に出たダン・ブラウン『オリジン』の翻訳作業の話などを交えながら、プロジェクターを使ってお話ししていきます。語学の知識はほとんど必要ありません。
――――――――――

 5月10日(木)19時から20時30分まで
 東京ウィメンズプラザ

 東江一紀さんのエッセイ集の刊行を記念して、門下生だった大須賀典子さんと内藤文子さん、担当編集者の青木誠也さんをお招きして4人で話します。語学の知識はまったく必要ありません。現時点で7割のお席が埋まっています。
――――――――――

 5月19日(土)13時30分から16時30分まで
 課題書・『雪と毒杯』(エリス・ピーターズ、猪俣美江子訳)

 中国地方でおこなわれる読書会としては初参加です。全国でおこなっている文芸翻訳についてのトークも少しさせてもらう予定です。
――――――――――

 5月26日(土)18時から19時30分まで
 青山ブックセンター本店

 『文芸翻訳教室』の刊行を記念し、研究社の担当編集者との対談形式で進めます。事前や当日の質問大歓迎。語学の知識はほとんど必要ありません。
――――――――――

◎「翻訳百景・英語と日本語のはざまで」

 3か月に1回の一般向け講演。内容は毎回異なります。リニューアルして翻訳学習者向けになったので、語学の知識がある程度必要です。内容の詳細についてはここをご覧ください。
――――――――――

 6月7日(木)19時30分から21時まで
 fabbit青山
 課題書『オリジン』

 ゲストとして話させてもらいます。どなたでも参加できます。

2018年4月23日 (月)

『文芸翻訳教室』刊行

 著書の『文芸翻訳教室』(研究社)が刊行されました。

 文芸翻訳の入門書ということでは、2011年に書いた『日本人なら必ず悪訳する英文』につづく2冊目ですが、そのときは新書版で、内容が一部の技術にかぎられていたのに対し、今回はシノプシス・あとがきの書き方や文芸翻訳者の心構えなど、あらゆる面を網羅した入門書です。

 これまで雑誌やサイトに連載した記事と、各種講座やトークイベントで話した内容をまとめて、かなり加筆したものです。訳文とシノプシスの添削例、あとがきの実例など、盛りだくさんです。

 ぜひゆっくり読んでください。
 目次はこんな感じです。
――――――――――

はじめに
表記のルール/辞書や調べ物について

第1部 文芸翻訳のツボ
【1】誤訳を減らすには
【2】日本語を鍛えよう
【3】日本語の現状を知ろう
【4】視点を忘れるな
【5】流れを大切に
【6】作者の意図に忠実に
【7】調べ物で手を抜くな
【8】「めりはり」とバランス
【9】どんな訳文をめざすべきか
【10】名訳に学ぼう

《コラム1 伊藤和夫先生から学んだこと》

第2部 文芸翻訳の実践
【1】表記のルールを守ろう
【2】どんな順序で伝えるか
【3】登場人物にふさわしい日本語
【4】深く読みこんで、必要なだけ噛み砕く
【5】センテンスの切れ目を大切に
【6】おもしろさや味わいを伝えるために
【7】どこまで説明するか

《コラム2 どんな本を読むべきか》

第3部 文芸翻訳の現場
【1】リーディングとは
【2】シノプシスを書いてみよう(1)
【3】シノプシスを書いてみよう(2)
【4】生徒によるシノプシス添削例
【5】企画持ちこみについて
【6】あとがきについて
【7】文芸翻訳者の心構え

《コラム3 特別インタビュー
      「読者とつながり、書店を巻きこむ」》 

おわりに
――――――――――

 作品社から故・東江一紀さんのエッセイ集『ねみみにみみず』が刊行されました。わたしが編者をつとめています。これについては、先週翻訳ミステリー大賞シンジケートにくわしい紹介文を書いたので、ぜひそちらを読んでください。

――――――――――

 この2冊と、2月末に出たダン・ブラウン『オリジン』の刊行を記念してのトークイベントが、これから立てつづけにあります。

4月27日(金) NHK文化センター西宮 「翻訳の世界への招待」

         蔦屋書店 梅田 「ダン・ブラウン『インフェルノ』を読む」

4月28日(土) 朝日カルチャー中之島 「翻訳百景」

          紀伊國屋グランフロント大阪 「『オリジン』&『文芸翻訳教室』刊行記念トーク」

4月29日(日) 京都出町座 「翻訳者・東江一紀の仕事と日常」

4月30日(月) 朝日カルチャー新宿 「ダ・ヴィンチ〈最後の晩餐〉 ~一枚の絵から~」

5月6日 (日) HMV HIBIYA COTTAGE 「『ダ・ヴィンチ・コード』『オリジン』の訳者が教える文芸翻訳の基本と実践」

5月10日(日) 東京ウィメンズプラザ 「第24回翻訳百景ミニイベント・『ねみみにみみず』刊行記念」

5月26日(土) 青山ブックセンター本店 「文芸翻訳の基本と実践」

 イベント情報は、関西がここ、関東がここにまとまっています。

 

2018年4月12日 (木)

トークイベントの予定(関東)

 今月末から6月にかけての東京・横浜でのトークイベントの予定を書きます。関西についてはここにまとまっています。

 4月30日(月・祝)10時30分から12時まで
 朝日カルチャーセンター新宿教室

 ダン・ブラウンのラングドン・シリーズに登場する美術作品全体について、翻訳者の立場からお話しします。語学の知識はまったく必要ありません。
――――――――――

 5月6日(日)14時から15時30分ごろまで
 HMV HIBIYA COTTAGE

 『文芸翻訳教室』の刊行を記念し、2月末に出たダン・ブラウン『オリジン』の翻訳作業の話などを交えながら、プロジェクターを使ってお話ししていきます。語学の知識はほとんど必要ありません。
――――――――――

 5月10日(木)19時から20時30分まで
 東京ウィメンズプラザ

 東江一紀さんのエッセイ集の刊行を記念して、門下生だった大須賀典子さんと内藤文子さん、担当編集者の青木誠也さんをお招きして4人で話します。語学の知識はまったく必要ありません。
――――――――――

 5月26日(土)18時から19時30分まで
 青山ブックセンター本店

 『文芸翻訳教室』の刊行を記念し、研究社の担当編集者との対談形式で進めます。事前や当日の質問大歓迎。語学の知識はほとんど必要ありません。
――――――――――

◎「翻訳百景・英語と日本語のはざまで」
 3か月に1回の一般向け講演。内容は毎回異なります。リニューアルして翻訳学習者向けになったので、語学の知識がある程度必要です。内容の詳細についてはここをご覧ください。
――――――――――

 このほか、朝日カルチャーセンターの定期講座「英米小説の翻訳」も、途中からの受講が可能です(新宿火曜午前新宿土曜午後横浜土曜午後)。ふだんは予習が必要ですが、今回はその場で英文を読んで考える形をとるので、予習不要です。

2018年4月 6日 (金)

トークイベントの予定(関西)

 今月末に関西でトークイベントが5つあります。近隣のかたはぜひお越しください。

 4月27日(金)16時から17時30分まで
 NHK文化センター西宮ガーデンズ教室

 以前京都と青山でおこなった同名の講座とほぼ同内容です。今回は学生割引もあります。語学の知識はほとんど必要ありません。
――――――――――

 4月27日(金)19時から20時30分まで
 梅田 蔦屋書店

 原文のニュアンスや訳し方などについていっしょに考えていきます。予習は訳書を読んでくるか映画を観てくることだけです。語学の知識は少しだけ必要です。終了後に有志の懇親会あり。
――――――――――

 4月28日(土)16時30分から18時まで
 朝日カルチャーセンター中之島教室

 3か月に1回の一般向け講演。内容は毎回異なります。リニューアルして翻訳学習者向けになったので、語学の知識はある程度必要です。内容の詳細についてはここをご覧ください。
――――――――――

 4月28日(土)19時から20時30分まで
 紀伊國屋書店グランフロント大阪店

 『文芸翻訳教室』の刊行を記念し、2月末に出たダン・ブラウン『オリジン』の翻訳作業の話などを交えながら、プロジェクターを使ってお話ししていきます。語学の知識はほとんど必要ありません。
――――――――――

 4月29日(日)11時から12時30分まで
 京都出町座

 編者をつとめた東江一紀エッセイ集『ねみみにみみず』の刊行を記念して、東江翻訳の魅力やこの本の編集秘話などをお話しします。語学の知識はまったく必要ありません。 
――――――――――

 このほか、朝日カルチャーセンター中之島教室の定期講座「英米小説の翻訳」も、4月28日(土)13時から16時までおこないます。ふだんは予習が必要ですが、今回はその場で英文を読んで考える形をとるので、予習不要です。

 関東の予定は来週あたりお知らせします。
 

2018年4月 2日 (月)

第24回翻訳百景ミニイベント(『ねみみにみみず』刊行記念)受付開始

 久しぶりに翻訳百景のミニイベント(第24回)をおこないます。今回は4月21日発売予定の『ねみみにみみず』(東江一紀著、越前敏弥編、作品社)の刊行記念トークで、3人のかたをゲストとしてお招きします。

『ねみみにみみず』は、2014年に逝去された稀代の名翻訳者・東江一紀さんのエッセイ集です。内容については後日くわしく書きますが、翻訳者の日常や訳書の紹介などが軽妙洒脱な筆致で語られています。

 トークイベントのゲストは以下のお三方です(敬称略)。

 ないとうふみこ(翻訳者、東江門下)
 大須賀典子(翻訳者、東江門下)
 青木誠也(作品社編集者、『ねみみにみみず』担当)

 当日は東江一紀の人間像に迫る裏話や、エッセイ集の編集秘話など、東江さんを偲びつつも、楽しい時間にしたいと思っています。東江さんゆかりのプレゼントなども用意してあります。

日時: 2018年5月10日(木) 19時00分から20時30分

会場: 東京ウィメンズプラザ(表参道駅から徒歩7分、渋谷駅から徒歩12分)
 
参加費: 500円(当日に受付でお支払いください)

定員: 80名(満席になりしだい締め切らせていただきます)

 お申しこみのメールは office.hyakkei@gmail.com 宛にお願いします。メールのタイトルは「第24回イベント申し込み」「東江さんイベント申し込み」など、わかりやすいものにしてください。メールには、氏名(ハンドルのみは不可)と、当日連絡のつきやすい電話番号または携帯メールアドレスをかならず書いてください(PCと同じアドレスの場合は「PCと同じ」などとひとこと入れてもらえると助かります)。

 登壇者へのご質問がある場合、お申しこみにメールにいっっしょにお書き添えください。ただ、すべてのご質問にはかた得られない可能性もあるので、ご了承ください。

より以前の記事一覧