プロフィール

  • 越前敏弥
    文芸翻訳者。 ご感想・お問い合わせなどは office.hyakkei@gmail.com へお願いします。
無料ブログはココログ

新刊・イベント・講座情報

2019年9月 9日 (月)

「日本人なら必ず誤訳する英文・特別編」公開

日本人なら必ず誤訳する英文・特別編」という学習用動画の公開販売を開始しました。販売サイトはこちらです。

 https://filmuy.com/honyaku-hyakkei


 先日刊行された『日本人なら必ず誤訳する英文・決定版』に準拠していますが、本を購入していなくても問題なく視聴できます。
 10~15分程度の動画が11本あり、計35問について解説しています(PART A が基礎編、PART B が応用編)。合わせて2時間余りになります。


 サンプル版をYouTubeで公開しています。よかったら、まずこれを観てください。
 https://youtu.be/H_zYN7QaZo8

 このような動画の作成を考えたのは、東京・大阪以外に住んでいらっしゃる複数のかたから、講座を受けたいけれど地理的になかなかむずかしいので、オンラインで何かできないかというご要望があったからです。
 今回は『決定版』の刊行に合わせて、こういう内容のものを公開しましたが、いずれ文芸翻訳の講座をこれに似た形で作ることも考えています。

 今回の「特別編」は、PART A が先日の『決定版』刊行記念特別講座とほぼ同内容、PART B が以前朝日カルチャー各教室でおこなった「誤訳はなぜ起こるか」と半分ぐらい同内容です。
 先日の刊行記念講座を受けられなかった人をはじめ、誤読・誤訳を少しでも減らしたいと思っている人は、ぜひこのサイトからご購入ください(2時間余りの動画で1,000円です)。

決定版』刊行に合わせて急いで作成したこともあって、味も素っ気もない作りですが、本気で勉強したい人にとってはこれでじゅうぶんだと思っています。
 どうぞよろしくお願いします。

Photo_20190909123801 

2019年8月27日 (火)

朝日カルチャーセンター10月期の文芸翻訳講座

 朝日カルチャーセンターでの2019年10月期の文芸翻訳講座の受付がはじまりました。今期も、新宿教室・横浜教室・中之島教室の3か所で開講します。


 トップページの「講座を探す」で、フリーワード検索に講師名を入れてもらえれば、現在受付中の講座がわかります(講師名を入力するときは、苗字と名前のあいだにスペースを入れてください)。教室名のタブをクリックすると、その教室の全講座が表示されます。


 3教室とも毎期、「英米小説の翻訳」(要予習、毎月1回)と一般向け定期講演「文芸翻訳教室・英語と日本語のはざまで」(予習不要、各期1回、10月期は中之島10月26日新宿12月7日横浜12月14日)があります。


 さらに、10月期は新宿教室で以下の特別講座や対談があります。

 新宿  11月2日  だから翻訳は面白い 「進め! はじめての海外文学」


「英米小説の翻訳」は、新宿と横浜は1時間半×3回、大阪は3時間×1回の形でおこないます(大阪は扱う英文の長さが約3分の2です)。原則として、長短編小説の一部をていねいに訳し、全員の訳文を全員に配布して細かく検討していきます。10月期は7月期につづいて、カナダの連作短編集の一部を扱います。
 新宿は火曜午前木曜夜土曜午後の3クラス(どれかひとつを受講)、横浜中之島は土曜午後の1クラスです。
「英米小説の翻訳」では、英文の訳読のほかに、各期ごとに指定した本(おもに翻訳書または周辺書)を読んできて簡単に感想を言ってもらう時間を少しとります。課題書はこのブログの右側に載せてあり、10月期は『世界文学アンソロジー』(秋草俊一郎ほか編、三省堂)です。

 一般向け定期講演「文芸翻訳教室・英語と日本語のはざまで」は、翻訳の仕事にまつわるエピソードなどを英文の実例とともに紹介していくもので、毎回内容が異なります。「翻訳しづらい英語表現」「訳文添削道場」「編集・校閲・校正担当者とのやりとり紹介」など、初級者から上級者までに役立つ話が盛りだくさんです(予習不要)。
「英米小説の翻訳」を受講中の人やこれから受講しようという人、予習する余裕はないけれど文芸翻訳の勉強を長くつづけたい人などは、可能なかぎり毎回受講してください。語学の知識が少し必要ですが、どなたでも参加できます。

◎「英米小説の翻訳」の日程とお申しこみページは以下のとおりです。
新宿火曜午前(10月1日&11月5日&12月3日、10時から11時30分)
新宿木曜夜(10月10日、11月14日、12月12日、19時から20時30分)
新宿土曜午後(10月5日&11月2日&12月7日、13時30分から15時)
横浜(10月12日&11月9日&12月14日、13時30分から15時)
中之島(10月26日、13時から16時)

◎一般講演「文芸翻訳教室・英語と日本語のはざまで」のお申しこみページは以下のとおりです。
中之島(10月26日、10時30分から12時)
横浜(12月14日、15時30分から17時)
新宿(12月7日、15時30分から17時)


◎今期も新宿教室で、ゲストをお招きしての公開対談「だから翻訳は面白い」をおこないます。

 今回は、今年で5回目を迎える「はじめての海外文学」フェアの事務局メンバーをつとめる翻訳者たちと(芹澤恵さん、田中亜希子さん、古市真由美さん)といっしょに、いまどんな翻訳書が面白いか、これからどんな翻訳書を読んでもらいたいかなどを徹底的に話し合います。
 「はじめての海外文学」フェアは、書店チェーンの枠を超えて、海外文学・翻訳書を多くの人に読んでもらいたい出版関係者多数が協力して進めています。翻訳や出版全般に興味のある人にとって、これから何をしていけばよいかを考える、とても有意義な時間になるので、ぜひご参加ください。もちろん、予習不要です。

 翻訳出版に少しでも興味のある人はぜひお越しください。
「だから翻訳は面白い」対談シリーズは、これまで代田亜香子さん(翻訳者)、山口晶さん(編集者)、三辺律子さん(翻訳者)、宮迫憲彦さん(出版社営業&書店主)をお相手に開催し、今回が5回目です。今後も翻訳出版にさまざまな形でかかわっている人をお招きするつもりです。

新宿  11月2日、10時30分から12時

 

―――――
 7月期の「文芸翻訳教室・英語と日本語のはざまで」にも、いまからでも申しこめます。すべて予習不要です。

新宿  9月7日、15時30分から17時

横浜  9月14日、15時30分から17時

―――――  

 おかげさまで、『翻訳百景』が重版しました。これまでに購入してくださったみなさん、各所で言及してくださったみなさんのおかげです。ありがとうございます。文芸翻訳の仕事や翻訳書のおもしろさについて、さまざまな角度から紹介した本です。ぜひご一読ください。

―――――

 8月29日ごろに発売される『日本人なら必ず誤訳する英文・決定版』の刊行記念特別講座&座談会は、追加開催分9月2日)を引きつづき募集中です(8月29日の回は満席となりました)。書籍に収録された問題の類題が半分、新作が半分という構成で20問程度を扱います。ぜひお申しこみください。

Honyaku100k-shoei Photo_20190826184101

2019年4月13日 (土)

『おやすみの歌が消えて』読書会開催

 5月に、わたしの訳書『おやすみの歌が消えて』の特別読書会を翻訳百景主催で開催することになりました。

『おやすみの歌が消えて』については、まず、刊行時に書いたこの記事をご覧ください。

 銃撃事件によって兄を失った6歳の少年とその家族を描いたこの物語について、ゆっくり語り合いましょう。どなたでもぜひご参加ください。

Photo

 

日時: 5月23日(木)19:00~20:45

場所: 表参道駅付近の会議室(詳細はお申しこみくださった方にお知らせします)

課題書: 『おやすみの歌が消えて』(リアノン・ネイヴィン著、越前敏弥訳、集英社)

     課題書は各自でご購入のうえ、読了して当日持参してください。

会費: 500円(当日お支払いください)

定員: 20名(満席になりましたら告知します)

 

※集英社の担当編集者も参加する予定です。(担当編集者によるコメントはこちら。宮下奈都さんによる書評もぜひ読んでください)

※終了後に近くで懇親会を開催します(2時間ぐらい、3,000円~4,000円程度)。お申しこみ時に、そちらの参加の可否も合わせてお知らせください。

 

 参加を希望なさるかたは、ご本名(または著訳書のペンネーム)と緊急連絡先(携帯電話番号など)、懇親会参加の可否を書き添えて、officehyakkei@gmail.com へお申しこみください。メールのタイトルは「『おやすみの歌が消えて』読書会参加希望」などとしてください。

 

 なお、『おやすみの歌が消えて』の読書会は、7月27日(土)の夜に大阪でも開催します。これは大阪ノンジャンル読書会の主催で、6月ごろに翻訳ミステリー大賞シンジケートのサイトで告知されますが、このブログでもほぼ同時にお知らせします。

2019年4月 7日 (日)

INFORMATION 1019-04-07

 ダン・ブラウン『オリジン』の文庫化を記念して、4月28日(日)に大阪の隆祥館書店でトークイベントをおこないます。作中の美術作品の話を中心に、文芸翻訳全般の話などもするつもりです。未読の方や英語が苦手の方も、気軽にお越しください。お申しこみページはここです。

0001

――――――――――

 6月1日(土)の午前に朝日カルチャー新宿教室で三辺律子さんとの対談「だから翻訳は面白い」があります。おもに翻訳小説の文体や語り口について話します。三辺さんの訳書『エヴリデイ』とわたしの訳書『おやすみの歌が消えて』を採りあげるので、その2冊を読んでいるとより充実した時間になりますが、未読でもかまいません。お申し込みはここです。

 

 その他の朝日カルチャーの講座については、このページに講師名を入れて検索すると、全教室の情報がまとめて表示されます(苗字と名前のあいだにかならずスペースを入れてください)。中之島教室は4月27日(土)に各講座があり、まだじゅうぶんに予習の余裕があります。新宿・横浜の「英米小説の翻訳」は、2回目からの途中受講も受けつけています。各教室とも、「文芸翻訳教室 英語と日本語のはざまで」は予習不要です。くわしい内容はここにまとめてあります。

――――――――――

 弘前の翻訳ミステリー読書会が久しぶりに再開されます。5月18日(土)におこなわれ、ゲストとして藤原編集室に藤原義也さんをお招きします。近くのかたも遠方のかたもぜひご参加ください(わたしは所用があって参加できませんが)。 

2019年3月16日 (土)

INFORMATION 2019-03-16

 ダン・ブラウン『オリジン』が文庫化されます(上中下の3分冊)。『人工知能は人間を超えるか』の著者・松尾豊さんがくわしい解説を書いてくださいました。もちろん、美術作品もたっぷり登場します。今月の23日ごろに書店に並ぶ予定です。

 

 

 

 

Img_1732

 

 

 

――――――――――

 

 

 

 

『オリジン』の文庫化を記念して、4月28日(日)に大阪の隆祥館書店でトークイベントをおこないます。作中の美術作品の話を中心に、文芸翻訳全般の話などもするつもりです。未読の方や英語が苦手の方も、気軽にお越しください。お申しこみページはここです。

 

 

 

 

0001

 

 

 

 

 

――――――――――

 

 

 

 

 4月からのNHKラジオ「基礎英語2」(おもに中学2年生対象)のテキストに、翻訳者6人が交代で海外小説ガイドを書きます。執筆メンバーは、わたしのほか、芹澤恵さん、金原瑞人さん、ないとうふみこさん、白石朗さん、三辺律子さん。すでに書店に並んでいます。ぜひお知り合いの中学生のかたなどに勧めてください。

 

 

――――――――――

 

 

 

 朝日カルチャーセンター(新宿・横浜・中之島)の4月期文芸翻訳講座の受付がはじまっています。内容やお申しこみ方法についてはここを見てください。あるいは、各教室のサイトで検索ページに講師名を入れてもらえれば、全講座が表示されます(新宿横浜中之島)。【講師名を入力するときは、苗字と名前のあいだにスペースを入れてください】

 

 

 

 

 各教室とも、「英米小説の翻訳」(要予習)と「文芸翻訳教室」(予習不要)があります。そのほか、新宿教室では、6月1日に三辺律子さんとの公開対談「だから翻訳は面白い」があります。

 

 

2019年3月 4日 (月)

朝日カルチャーセンター4月期の文芸翻訳講座

 朝日カルチャーセンターでの2019年4月期の文芸翻訳講座の受付がはじまりました。今期も、新宿教室・横浜教室・中之島教室の3か所で開講します。今期から新宿教室に木曜夜のクラスが加わります

 

 新宿教室についてはこのページ、横浜教室についてはこのページ、中之島教室についてはこのページで、フリーワード検索に講師名を入れてもらえれば、4月期の全講座が表示されます(講師名を入力するときは、苗字と名前のあいだにスペースを入れてください)。
 3教室とも毎期、「英米小説の翻訳」(要予習、毎月1回)と一般向け定期講演「文芸翻訳教室・英語と日本語のはざまで」(「翻訳百景」から改称、予習不要、各期1回のみで毎回異なる内容、4月期は中之島4月27日、横浜6月8日、新宿6月29日)があります。
 さらに、4月期は新宿教室で翻訳者の三辺律子さんとの公開対談「だから翻訳は面白い~翻訳書の文体や語り口について~」があります(6月1日)。

 

「英米小説の翻訳」は、新宿と横浜は1時間半×3回、大阪は3時間×1回の形でおこないます(大阪は扱う英文の長さが約3分の2です)。原則として、長短編小説の一部をていねいに訳し、全員の訳文を全員に配布して細かく検討していきます。4月期は現代アメリカの短編を扱います。
 新宿は火曜午前・木曜夜(新設)・土曜午後の3クラス(どれかひとつを受講)、横浜と中之島は土曜午後の1クラスです。
「英米小説の翻訳」では、英文の訳読のほかに、各期ごとに指定した本(おもに翻訳書または周辺書)を読んできて簡単に感想を言ってもらう時間を少しとります。課題書はこのブログの右側に載せてあり、4月期は『エヴリデイ』(デイヴィッド・レヴィサン、三辺律子訳、小峰書店)です。

 

 一般向け定期講演「文芸翻訳教室・英語と日本語のはざまで」(前回までの「翻訳百景」とほぼ同内容)は、翻訳の仕事にまつわるエピソードなどを英文の実例とともに紹介していくもので、毎回内容が異なります。「翻訳しづらい英語表現」「訳文添削道場」「編集・校閲・校正担当者とのやりとり紹介」など、初級者から上級者までに役立つ話が盛りだくさんです(予習不要)。

 

「英米小説の翻訳」を受講中の人やこれから受講しようという人、予習する余裕はないけれど文芸翻訳の勉強を長くつづけたい人などは、可能なかぎり毎回受講してください。語学の知識が少し必要ですが、どなたでも参加できます。

 

◎「英米小説の翻訳」の日程とお申しこみページは以下のとおりです。

 

 

 

 

 

 

◎一般講演「文芸翻訳教室・英語と日本語のはざまで」のお申しこみページは以下のとおりです。

 

 

 

 

◎三辺律子さんとの公開対談「だから翻訳は面白い」のお申しこみは以下のとおりです。
 三辺さんも朝日カルチャー講師で、これまでも何度か対談をさせていますが、今回は三辺さんの訳書『エヴリデイ』(4月期「英米小説の翻訳」課題書)や越前の訳書『おやすみの歌が消えて』(リアノン・ネイヴィン著、集英社、去年の「英米小説の翻訳」教材)などを採りあげながら、一人称をどう訳すか、どんな文体で訳すかなどを中心に、文芸翻訳の本質に少しでも迫れたらと思っています。
 翻訳出版に少しでも興味のある人はぜひお越しください。

 

「だから翻訳は面白い」対談シリーズは、これまで代田亜香子さん(翻訳者)、山口晶さん(早川書房編集者)をお相手に開催し、今回が3回目です。今後も翻訳出版にさまざまな形でかかわっている人をお招きするつもりです。

 

―――――
 1月期の横浜教室の「翻訳百景」には、まだ申しこむことができます(予習不要、当日に各教室での申しこみも可)。

 

 

 また、夏目大さんとの公開対談(3月9日夜、青山ブックセンター本店)も引きつづき募集中です。

『タコの心身問題――頭足類から考える意識の起源』(みすず書房) 刊行記念 夏目大× 越前敏弥 トークイベント

 

2019年2月22日 (金)

INFORMATION 2019-02-22

『世界史大図鑑』(三省堂)が刊行されました。一昨年の『世界文学大図鑑』につづいて、翻訳を担当しています。日本で教わる「世界史」ではまったく採りあげられない項目もかなりあり、読み応えはじゅうぶんです。中学生以上の全世代にお勧めします。

 この本の訳者あとがき全文をここに転載します。

―――――

 大図鑑シリーズの翻訳を担当するのはこれが2回目だ。かつて『世界文学大図鑑』を翻訳したことが楽しく貴重な経験となったので、つぎは『世界史』の刊行企画があるという話を担当編集者から聞いたその瞬間、みずから志願した。

 学校時代に世界史を学んでから40年近くになるが、翻訳の仕事で必要になる機会も多く、ときどき新しい教科書を入手して目を通すようにしてきた。そうしたなかで、教科書の記述は少しずつ変化した。「地理上の発見」は「大航海時代」に、「オスマン・トルコ」は「オスマン帝国」になり、中南米や東南アジアやアフリカの記述がずいぶん増えた。事件の呼び名や人名・地名も微妙に変わったものが多く、現地での呼称や原音、そして少数派や抑圧された民族・国家の立場が尊重される傾向が強くなっている。おおむね、客観的で公平な記述に近づこうとしていると言ってよいだろう。

 だが、監修者の後記にもあるとおり、時代や地域を問わず、客観的な歴史というものは存在しない。もともとイギリスで出版された本書が、東洋やアフリカの記述が控えめである一方で、プラハ窓外放出事件やパッシェンデールの戦いなど、初耳の人が多いであろう出来事を大きく扱っているのを見ると、世界にはいくつもの「世界史」があるのだと痛感する。日本の教科書と比べ読みすれば、きっと立体的な見方が得られるはずだ。

 わたしが最も強く感じたのは、ヨーロッパでファシズムが蔓延していく過程や、それにともなう数々の残虐行為が、執拗なまでに細かく描かれていることだ。二度と過ちを犯してはならないという強烈なメッセージが感じられ、ぜひ日本の読者にも知ってもらいたいと思った。また、同時多発テロ以降の世界の諸問題(IT社会、リーマン・ショック、環境問題、人口問題など)が深く論じられているのも読み応えがある。もちろん、豊富な図版を用いてさまざまな切り口でわかりやすく解説してあるのは大図鑑シリーズの他巻とまったく同じであり、期待をけっして裏切らないとお約束する。

 訳出にあたっては、唐木田みゆき、笹田元子、笹山裕子、手嶋由美子、中田有紀、信藤玲子、茂木靖枝、山田文の各氏に協力してもらった。引用文・発言の下調べや歴史的事実の正誤確認など、膨大な量の作業の積み重ねがなければ、こういった書物の翻訳はとうてい不可能である。この場を借りてお礼を申しあげる。

―――――
 3月に東京と大阪で開催する『文芸翻訳教室』特別勉強会は、東京(午前、午後)、大阪のいずれも、残席があと3名程度となっています。
 予習が必要なので、参加を希望する人は遅くとも2月末までに申しこんでください。
【2月27日追記 大阪勉強会は満席となりました】
―――――
 3月13日(水)の夜に、青山ブックセンターで夏目大さんとトークイベントをおこないます。大ヒット中の『タコの心身問題』と、タコの悪役が大活躍する『おやすみ、リリー』の話を中心に、出版翻訳にまつわるいろいろな話をします。ぜひお越しください。

―――――
 朝日カルチャーセンターの文芸翻訳講座(新宿・横浜・中之島)は、すでに4月期の受付がはじまっています。詳細については、来週あたりこのブログに書きます。
 3月の一般講演「翻訳百景・英語と日本語のはざまで」は、引きつづき受付中です。

 新宿   3月2日(土)  15:30~17:00
 横浜   3月9日(土) 15:30~17:00

2019年2月11日 (月)

INFORMATION 2019-02-11

 3月13日(水)の夜に、青山ブックセンターで夏目大さんとトークイベントをおこないます。大ヒット中の『タコの心身問題』と、タコの悪役が大活躍する『おやすみ、リリー』の話を中心に、出版翻訳にまつわるいろいろな話をします。タコタコトークにどうぞお越しください。

Photo
――――――――――――――――――――
 先日もお知らせしたとおり、3月に東京と大阪で『文芸翻訳教室』特別勉強会を開催します。東京はここ(午前の部&夜の部)、大阪はここをご覧ください。朝日カルチャーの文芸翻訳講座の受講を検討中の人などはぜひ参加してください。もちろん、今回だけの参加でもかまいません。現在、3つとも半分ぐらいのお席が埋まっています。予習が必要なので、参加を希望する人は遅くとも2月末までに申しこんでください。
【2月27日追記 大阪勉強会は満席となりました】
――――――――――――――――――――
 ダン・ブラウン『オリジン』の文庫版(上・中・下)が3月下旬に刊行されます。AIの専門家の方の解説がつく予定です。

――――――――――――――――――――
 朝日カルチャーの一般向け講演「翻訳百景・英語と日本語のはざまで」が以下の日程であります。ある程度の語学力が必要ですが、どなたでも参加できます。お申し込みは直前までOKです。

 新宿   3月2日(土)  15:30~17:00
 横浜   3月9日(土) 15:30~17:00

 この講座は4月期から「文芸翻訳教室・英語と日本語のはざまで」と改称されますが、内容はほとんど変わりません。
 4月期の各教室の講座は、2月下旬に受付を開始します。後日またお知らせします。
 

2019年2月 6日 (水)

『文芸翻訳教室』特別勉強会・大阪編のお知らせ

【2月27日追記 大阪勉強会は満席となりました】

 3月に東京で開催する予定の『文芸翻訳教室』特別勉強会を、4月に大阪でも開催します。

 東京とほぼ同じ内容のことを1回でおこない、時間がやや短くなります。
【日時】
 4月28日(日) 10:15~12:45
【会場】
 西梅田駅・北新地駅付近の会議室(大阪駅からも徒歩可)
【参加費】
 4,000円(2回分。会場費・コピー代などを含む。当日、現金でお支払いください)
【対象】
 文芸翻訳学習初級者・中級者(越前の朝日カルチャーセンターの翻訳講座に2年以上在籍している人は対象外。期間が微妙な場合は相談してください)。
【内容】
・『文芸翻訳教室』(研究社)、『翻訳百景』の2冊を事前に熟読し、質問や意見交換をする(この2冊は各自で購入してください)。
・原書1ページ程度の英文課題の翻訳演習をふたつ。シリアスな作品とコミカルな作品を1回ずつ扱います。添削指導はしませんが、時間のあるかぎり、全員の訳文にコメントします。
・シノプシスの実例配布とちょっとしたコメント
・終了後には自由参加の懇親会あり。
【定員】
 10名程度。定員に達したら締め切ります。試験はおこなわず、原則として先着順です。
【申込方法】
 翻訳百景のアドレス(office.hyakkei@gmail.com)宛にメールで申しこんでください。タイトルは「大阪『文芸翻訳教室』特別勉強会参加希望」などとしてください。
 申込メールには、お名前のほかに、簡単な自己紹介を書いてください。その際、翻訳学習歴や仕事歴(まったくなくてもかまいません)、好きな本(作品・作家・ジャンルなど、なんでもいいです)の2点に言及してください。字数は200字から400字程度でお願いします(厳密に守らなくてもかまいません)。
 お申し込みを確認し、数日中に詳細についてお返事します。
 東京での勉強会については、ここを見てください。

2019年1月31日 (木)

『文芸翻訳教室』特別勉強会のお知らせ

 以下の要領で『文芸翻訳教室』特別勉強会を開催します。

【日時】
・午前の部――3月12日(火)、26日(火) 10:00~11:40 【全2回】

・夜の部―――3月14日(木)、28日(木) 19:00~20:40 【全2回】

【会場】
 表参道駅付近の会議室(渋谷駅からも徒歩可)

【参加費】
 5,000円(2回分。会場費・コピー代などを含む。当日、現金でお支払いください)

【対象】
 文芸翻訳学習初級者・中級者(越前の朝日カルチャーセンターの翻訳講座に2年以上在籍している人は対象外。期間が微妙な場合は相談してください)。

【内容】
・『文芸翻訳教室』(研究社)、『翻訳百景』の2冊を事前に熟読し、質問や意見交換をする(この2冊は各自で購入してください)。

・1回につき原書1ページ程度の英文課題の翻訳演習。シリアスな作品とコミカルな作品を1回ずつ扱います。添削指導はしませんが、時間のあるかぎり、全員の訳文にコメントします。

・シノプシスの実例配布とちょっとしたコメント

・終了後には自由参加の懇親会あり。

【定員】
 それぞれ10名程度。定員に達したら締め切ります。試験はおこなわず、原則として先着順です。

【申込方法】

 翻訳百景のアドレス(office.hyakkei@gmail.com)宛にメールで申しこんでください。タイトルは「『文芸翻訳教室』特別勉強会参加希望」などとし、午前の部、夜の部のどちらを希望するかを明記してください。
 申込メールには、お名前のほかに、簡単な自己紹介を書いてください。その際、翻訳学習歴や仕事歴(まったくなくてもかまいません)、好きな本(作品・作家・ジャンルなど、なんでもいいです)の2点に言及してください。字数は200字から400字程度でお願いします(厳密に守らなくてもかまいません)。
 お申し込みを確認し、数日中に詳細についてお返事します。

 なお、大阪でも同様の勉強会を開催する予定です。詳細が決まりしだい、そちらもこのブログでお知らせします。
 

より以前の記事一覧