プロフィール

  • 越前敏弥
    文芸翻訳者。 ご感想・お問い合わせなどは office.hyakkei@gmail.com へお願いします。
無料ブログはココログ

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

2019年10月

2019年10月18日 (金)

「はじめての海外文学」関係のイベントについて

 10月13日に予定されていた「はじめての海外文学スペシャル」は、残念ながら台風のために中止となりました。これをそのまま再現する代替イベントの開催は不可能ですが、このあと、「はじめての海外文学」関係のイベントがいくつかあり、13日に登壇してくださる予定だった翻訳者のかたが何人も追加登壇を申し出てくださっています。

 ぜひご参加ください。

 

◎11月2日(土)

だから翻訳は面白い 進め! はじめての海外文学 @朝日カルチャーセンター新宿教室

【登壇者:越前敏弥、芹澤恵、田中亜希子、古市真由美】

【追加登壇者:野坂悦子、原田勝、宮﨑真紀】

【当日、参加者全員に越前の著訳書のサイン本をプレゼント。10種類ぐらい用意していく予定】

 

◎11月10日(日)

はじめての海外文学 読書会番外編 ドイツミステリこの10年大回顧 @GLOCAL CAFE

【登壇者:酒寄進一、マライ・メントライン】

 

◎11月17日(日)

第5回「はじめての海外文学」フェア開催記念 越前敏弥×斎藤真理子×谷澤茜(でんすけのかいぬし)トークイベント @青山ブックセンター 11月17日

【司会:倉本さおり 追加登壇者:木下眞穂、酒寄進一、芹澤恵、原田勝】

 

◎2020年1月26日(日)

第2回 はじめての海外文学スペシャル in 大阪 @梅田蔦屋書店

【登壇者:越前敏弥、木下眞穂、小竹由美子、芹澤恵、田中亜希子、谷川毅、夏目大、増田まもる】

 

 フェアやイベントの情報は「はじめての海外文学」公式サイトにも掲載されています。そのほかの海外文学・翻訳書関係のイベント情報も載っているので、ぜひご覧ください。

 なお、書店フェア「はじめての海外文学」は11月から全国の書店で展開されます。

 先行する形で、青山ブックセンターでフェアがはじまっています(下の写真)。

 フェアに参加してくださる書店のかたは、「はじめての海外文学の「お問い合わせ」ページからぜひご連絡ください。

Ehddmzovaaacgcc Ehddmztuyaal9sl_20191018101301 Ehddmztuyaal9sl   

2019年10月13日 (日)

『世界物語大事典』刊行

 三省堂から『世界物語大事典』(ローラー・ミラー編、巽孝之監修)が刊行されました。

 原題の Literary Wonderlands は「文学上の不思議の国」という意味で、空想の国(土地)を舞台とした古今東西の作品が、それぞれ2~6ページの長さで紹介されています。世界文学大図鑑』よりもファンタジー・エンタテインメント寄りの作品が多く、特に後半はユートピアやディストピアを描いた傑作が目白押しです。各作品について、表面的な紹介をするのではなく、鋭い分析や、ときにマニアックなまでの考察がなされています。

 目次や概要はこちらあります

 掲載されている作品の邦訳書誌情報はこちら

Egqozsnueaaeue 

PR動画はこちらで視聴できます。

 

【10月27日追記】

「訳者あとがき」の最後にある協力者紹介のうち、川畑剛さんのお名前がまちがって「川畑創」と記されています。

 お詫びするとともに、訂正します。重版時にはかならず修正します。

―――――

日本人なら必ず誤訳する英文・決定版』刊行に合わせて作成した動画「日本人なら必ず誤訳する英文・特別編」の販売サイトはこちら。YouTubeのサンプル動画はこちらで視聴できます。

 

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »