« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月

2018年8月31日 (金)

朝日カルチャーセンター10月期の文芸翻訳講座

 朝日カルチャーセンターでの2018年10月期の文芸翻訳講座の受付がはじまりました。今期も、新宿教室・横浜教室・中之島教室の3か所で開講します。

 新宿教室についてはこのページ、横浜教室についてはこのページ、中之島教室についてはこのページで、フリーワード検索に講師名を入れてもらえれば、10月期の全講座が表示されます。
 
 3教室とも毎期、「英米小説の翻訳」(要予習、毎月1回)と一般向け定期講演「翻訳百景・英語と日本語のはざまで」(予習不要、各期1回のみで毎回異なる内容、10月期は中之島10月27日新宿12月1日横浜12月8日)があります。

 さらに、今期は新宿教室で代田亜香子さんとの公開対談「だから翻訳は面白い・ジャンルの垣根を越えて」があります(10月6日)。

「英米小説の翻訳」は、新宿と横浜は1時間半×3回、大阪は3時間×1回の形でおこないます(大阪は扱う英文の長さが約3分の2です)。原則として、長短編小説の一部をていねいに訳し、全員の訳文を全員に配布して細かく検討していきます。10月期は小説ではなく、文学を扱った図鑑を扱います(『世界文学大図鑑』よりも現代寄り、エンタテインメント寄りの内容)。
 新宿は火曜午前・土曜午後の2クラス(どちらか一方を受講)、横浜と中之島は土曜午後の1クラスです。
「英米小説の翻訳」では、英文の訳読のほかに、各期ごとに指定した本(おもに翻訳書または周辺書)を読んできて簡単に感想を言ってもらう時間を少しとります。課題書はこのブログの右側に載せてあり、10月期は『翻訳地獄へようこそ』(宮脇孝雄著、アルク)です。
 
 一般向け定期講演「翻訳百景 英語と日本語のはざまで」は、翻訳の仕事にまつわるエピソードなどを英文の実例とともに紹介していくもので、毎回内容が異なります。「誤訳しがちな英文集」「訳文添削道場」「編集・校閲・校正担当者とのやりとり紹介」「お楽しみクイズ」など、初級者から上級者までに役立つ話が盛りだくさんです(予習不要)。
「英米小説の翻訳」を受講中の人やこれから受講しようという人、予習する余裕はないけれど文芸翻訳の勉強を長くつづけたい人などは、可能なかぎり毎回受講してください。語学の知識が少し必要ですが、どなたでも参加できます。
 
◎「英米小説の翻訳」の日程とお申しこみページは以下のとおりです。
・新宿火曜午前(10月2日&11月6日&12月4日、10時から11時30分)
・新宿土曜午後(10月6日&11月3日&12月1日、13時30分から15時)
・横浜(10月13日&11月10日&12月8日、13時30分から15時)
・中之島(10月27日、13時から16時)
 
◎一般講演「翻訳百景 英語と日本語のはざまで」のお申しこみページは以下のとおりです。
・中之島(10月27日、16時30分から18時)
・新宿(12月1日、15時30分から17時)
・横浜(12月8日、15時30分から17時)

◎代田亜香子さんとの公開対談「だから翻訳は面白い」のお申しこみは以下のとおりです。代田さんはYA翻訳の世界で長く活躍していらっしゃいます。ジャンルちがいの珍しい組み合わせなので、ぜひどうぞ。
・新宿(10月6日、10時30分から12時)

―――――
 7月期の「翻訳百景」にも、いまから申しこむことができます(10月期とは別内容、予習不要、当日に教室での申しこみも可)。
・新宿(9月1日、15時30分から17時)
・横浜 (9月8日、15時30分から17時)

2018年8月 8日 (水)

INFORMATION 2018-08-08

◎このあとの朝日カルチャーセンターでの講演・トークイベントの予定は以下のとおりです。すべて予習不要

誤訳はなぜ起こるか
 2月に立川教室、7月に中之島教室でおこなった講座とほぼ同内容。15問ほどの実例に則して、誤読・誤訳が起こる原因をいっしょに考えていきます。

翻訳百景・英語と日本語のはざまで
「誤訳しやすい英文」「訳文検討道場」「ゲラをめぐるあれこれ」「お楽しみクイズ」など、毎回異なる盛りだくさんの内容です。月1回の「英米小説の翻訳」はハードルが高すぎると感じる人など、ぜひ来てください。3教室とも、終了後に自主参加の懇親会あり。

だから翻訳は面白い
 YA翻訳の世界で長く活躍している代田亜香子さんとの公開対談。ジャンルちがいの珍しい組み合わせなので、ぜひどうぞ。

 10月期の講座については、今月末ごろにお知らせします。

――――――――――
◎『ねみみにみみず』のトークイベントで紹介した、「ことばの魔術師 翻訳家・東江一紀の世界」冊子はここからダウンロードできます。追加分も合わせて12ページに及ぶ東江さんの名訳集のほか、訳書リストや年譜などもあり。『ねみみにみみず』と合わせてお楽しみください。

Img_1464

――――――――――
◎未来の読者を育てるための壮大なプロジェクト「読書探偵作文コンクール」は今年も開催されます(第9回)。
 小学生部門はここ、中高生部門はここをご覧ください。 
 フライヤーのダウンロードも可能です。
Photo

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »