« 朝日カルチャーセンター4月期の文芸翻訳講座 | トップページ | 『オリジン』刊行 »

2018年2月22日 (木)

INFORMATION 2018-02-22

 3月21日(祝)に第4回翻訳ミステリー徳島読書会が開催されます。ダン・ブラウン『オリジン』の刊行記念も兼ねて、今回の課題書は『ダ・ヴィンチ・コード』。お時間があれば、鳴門の大塚国際美術館へ行ってからの参加をお勧めします。古今東西の名画を陶板画にしたものが1,000点ぐらいあり、実物大の〈最後の晩餐〉(修復前&修復後)や〈岩窟の聖母〉(2種)、〈モナ・リザ〉などが見られます。原寸大のシスティナ礼拝堂(『天使と悪魔』の舞台)を模したメインホールもあります。一生に一度は訪れたい美術館です。

 関西方面の人は、懇親会に参加してもバスでの日帰りが可。ほかの地域の人は一泊必要です(前日の20日は臨時休館日なのでご注意ください)。読書会では、ダン・ブラウン全作に登場する美術作品にまつわる裏話も少しする予定です。わたしは徳島読書会には3回目の参加、大塚国際美術館は5回目の来訪です。この機会にぜひお越しください。交通手段や宿泊などについて質問があるかたは、案内記事に載っているアドレスに気軽にお問い合わせください。
――――――――――

 きのう発売された《通訳・翻訳ジャーナル》2018年春号に、いつもの「誤訳×悪訳×名訳から学ぶ 越前敏弥の文芸翻訳ドリル」(第8回・最終回)が載っています。

 特集「AI時代に生き残る翻訳者・通訳者」の出版翻訳編にも、機械翻訳について思うことを半ページほど書きました。

 また、特集「出版翻訳ジャンル別ガイド・ミステリ」は、フィクション翻訳学習者必読の記事です。これはぜひ保存版にして、隅々まで読んでください。宮脇孝雄、杉江松恋、鈴木恵の各氏と、出版社4社(文藝春秋、早川書房、東京創元社、ハーパーコリンズ・ジャパン)の編集者が、ミステリの翻訳をするために何が必要かをわかりやすく書いています。他ジャンルの人が読んでもじゅうぶん役立つ特集です。
――――――――――

 4月からNHK文化センター青山教室で全6回の「ベストセラー 文芸翻訳教室」という講座をおこないます。進め方は朝日カルチャーのクラスとほぼ同じですが、教材・内容はちがいます。アメリカのハードボイルド作家の短編を扱います(警察は銃器などに関する知識は不要)。
 4月から9月まで、第3木曜(8月のみ第4木曜)の19時から20時30分です。

 また、4月27日(金)の16時から17時30分まで、NHK文化センター西宮ガーデンズ教室で特別講座「翻訳の世界への招待 ~『翻訳百景』こぼれ話~」があります。以前京都と青山でおこなった同名の講座とほぼ同内容です。今回は学生割引もあります。近隣のかたはぜひお越しください。

« 朝日カルチャーセンター4月期の文芸翻訳講座 | トップページ | 『オリジン』刊行 »

新刊・イベント・講座情報」カテゴリの記事