プロフィール

  • 越前敏弥
    文芸翻訳者。 いまのところ、更新は週1、2回程度です。 ご感想・お問い合わせなどは office.hyakkei@gmail.com へお願いします。
無料ブログはココログ

« INFORMATION 2017-09-20 | トップページ | 第22回翻訳百景ミニイベント報告 »

2017年9月25日 (月)

INFORMATION 2017-09-25

 第23回翻訳百景ミニイベントを10月5日(木)におこないます。
 今回は『メアリと魔女の花』と『世界文学大図鑑』を題材としたトークイベントの二本立てで、翻訳の裏話や作品の楽しみ方が中心になります(どちらか一方だけの参加も可)。
 それぞれの翻訳作業に協力してくれた人たちにも少し話してもらいます。翻訳や海外文学に少しでも興味のある人はどなたでもどうぞ。
 作品そのものに興味がない人にとっても、じゅうぶんに楽しめる内容にするつもりです。どなたでもお越しください。
 詳細についてはこのページを見てください。

――――――――――
 10月27日(金)の夜に梅田の蔦屋書店で「ダン・ブラウン『天使と悪魔』を読む」を開催します。原書から選んだ数か所の簡単な翻訳ワークショップです。予習は不要ですが、感想交換をするので、訳書を読むか映画を観るかしてきてください。

――――――――――
 10月28日(土)の夜に、大阪で『おやすみ、リリー』の読書会があります。徳島と関西の翻訳ミステリー読書会有志が企画してくれたもので、もちろんどなたでも参加できます。犬好きの人もそうでない人も、ぜひお越しください。案内文はここに掲載されています。

――――――――――
 10月29日(日)午後に第2回「はじめての読書会」があります。
 今回も前回と同じく、「発言しなくてもOK」の読書会です。読書会には興味があるけど、なんとなく敷居が高いと感じているような皆さん、ぜひこの機会にいらっしゃってください。
 課題書は『ぼくが死んだ日』(キャンデス・フレミング著、三辺律子訳、創元推理文庫)です。
日時:10月29日(日)15:00~17:00(開場は14:30ごろ)
 
場所:Glocal Cafe (地下鉄外苑前駅から徒歩5分)
 
司会進行:倉本さおり(書評家)
 
パネラー:小国貴司(書店「BOOKS 青いカバ」店主)
      小林甘奈(東京創元社編集者)
      三辺律子(翻訳者)
      吉澤康子(翻訳者)
      米光一成(ゲーム作家)(敬称略、五十音順)
      ※わたしは後半から参加します。
 
参加費:500円+1ドリンク
 お申しこみの詳細については、「はじめての海外文学 Vol.3」のサイトをご覧ください。

« INFORMATION 2017-09-20 | トップページ | 第22回翻訳百景ミニイベント報告 »

新刊・イベント・講座情報」カテゴリの記事