« INFORMATION 2017-07-12 | トップページ

2017年7月18日 (火)

パロディ本『ダ・ヴィンチ・コッド』から名訳・珍訳集(3)

 前回からだいぶ経ってしまいましたが、「パロディ本『ダ・ヴィンチ・コッド』から名訳・珍訳集」のつづきです。第1回第2回も読んでみてください。

 今回はこの個所について。

 Directly opposite Sauna-Lurker's office door was a mural, or 'wall painting', of Leonardo's celebrated Last Supper, filling the space from door to ceiling.

 今回は前2回とちがって、ことば遊びはありません。問題は

a mural, or 'wall painting'

 の個所です。言うまでもなく、この or は「または」ではなく「つまり」「すなわち」ですが、ここをたとえば、そのまま
壁画、つまり「壁に描いた絵」

 などと訳していいでしょうか(半数以上の人がそのように訳していました)。

 英語の mural は、難解なことばではありませんが、あまり使われないことばなので、ここではわかりやすく wall painting と言い換えているわけですが、日本語では「壁画」ということばのなかに「壁」がはいっているので、「壁に描いた絵」と言い換えたところで、ほとんど説明になりません。

 こういう場合は、説明不要なのであえて訳さないのもひとつの手です。わたしはここ全体を

サウナニカクレールの部屋のドアの向かいに、ダ・ヴィンチの代表作〈最後の晩餐〉の壁画があり、床から天井までを覆っている。

 としました。

 もうひとつの手としては、「壁」の連発を避けるような訳し方をすることです。mural の訳を「壁画」以外にするのはむずかしいので、'wall painting' のほうを「ウォールペインティング」とした人がいましたが、これはうまい方法だと思います。これなら説明になっているだけでなく、カンマでくくられている意図もうまく訳文に反映されている気がします。

 英語に書かれているものをすべて訳す必要がない例としては、ほかに he or she とか、 the killer or killers などがあります。日本語では、性別や単数・複数にこだわる必要がない場面も多く、そういうときに逐語訳をすると、無意味に浮いてしまい、かえって原文の趣旨が正確に伝わらなくなるのです。

 今後もこのようにワンポイントで何か解説できるときは、ときどき書きます。

 朝日カルチャーの「英米小説の翻訳」のクラスでは、9月までこの『ダ・ヴィンチ・コッド』を扱います。途中入学も可能なので、参加したいかたはそれぞれの教室へお問い合わせください(大阪・中之島は今週末開催で、予習教材があるので、すぐにでもお申しこみください)。

新宿火曜午前(8月1日&9月5日、10時から11時30分)
新宿土曜午後(8月5日&9月2日、12時30分から14時)
横浜(8月26日&9月9日、15時15分から16時45分)
中之島(7月22日、13時から16時) 

◎今週末の関西でのトークイベント・講演

21日(金)18:30~20:00
『新訳 メアリと魔女の花』翻訳秘話(紀伊國屋書店グランフロント大阪店特設会場)

22日(土)16:30~18:00
魅惑の『世界文学大図鑑』 (朝日カルチャーセンター中之島教室)

23日(日)13:30~15:00
「メアリと魔女の花」原作翻訳者トークショー(OSシネマズ神戸ハーバーランド ロビーイベントスペース) 

« INFORMATION 2017-07-12 | トップページ

翻訳とことば」カテゴリの記事