« 2017年の予定など | トップページ | 松山読書会に参加して感じたこと »

2017年1月17日 (火)

INFORMATION 2017-01-17

 DOTPLACEの連載〈出版翻訳あれこれ、これから〉の第9回「出版翻訳者の心がけるべき8か条(前編)」が公開されました。
 今回は特に翻訳学習者やキャリアの短い人、ぜひ読んでください。後編は2月15日に掲載される予定で、それがこの連載の最終回になります。
〈出版翻訳あれこれ、これから〉の過去の記事は以下のとおりです。未読のかたは合わせてどうぞ。
 

 第1回「翻訳小説のおもしろさを伝えるために
 第2回「
翻訳書が出るまで
 第3回「
翻訳出版の企画を立てるには
 第4回「
翻訳書の読者を育てるには
 第5回「
出版翻訳の印税や契約について
 第6回「
全国翻訳ミステリー読書会
 第7回「
はじめての海外文学について
 第8回「
《BOOKMARK》、サウザンブックスほか 

―――――――――――――――――――― 

 2月4日(土)の中田秀夫監督との公開対談「映画日和、翻訳日和」は、まだまだお席があります。非常に珍しい機会なので、ぜひお越しください。くわしい内容についてはここに書きましたが、そのほか、新作〈ホワイトリリー〉の英語版字幕に関する話も少しすることになりました。お申しこみは朝日カルチャーセンター新宿教室へお願いします。 

 朝日カルチャー大阪中之島教室の1月期翻訳講座「英米小説の翻訳」は、今月28日(土)の午後2時30分から5時30分までの3時間です。予習教材があるので、参加を希望なさるかたは早めにお申しこみください。 

 また、同じ28日の午後0時30分から2時まで、定期開催の一般講演「翻訳百景 英語と日本語のはざまで」があります(半年前におこなったものとまったく別内容です)。こちらは少しだけ語学の知識が必要ですが、どなたでも予習なしで参加できます。お気軽にお越しください。 

 朝日カルチャーの翻訳講座の内容について、詳細を知りたいかたはこの記事を見てください。

« 2017年の予定など | トップページ | 松山読書会に参加して感じたこと »

新刊・イベント・講座情報」カテゴリの記事