プロフィール

  • 越前敏弥
    文芸翻訳者。 いまのところ、更新は週1、2回程度です。 ご感想・お問い合わせなどは office.hyakkei@gmail.com へお願いします。
無料ブログはココログ

« 松山読書会に参加して感じたこと | トップページ | 「映画日和、翻訳日和」+日活ロマンポルノ・マイベストテン »

2017年1月27日 (金)

INFORMATION 2017-01-27

 アルク「翻訳・通訳のトビラ」のサイトに、12月の「はじめての海外文学スペシャル」の詳細なレポートが掲載されました。少し前に公開されていた動画のほか、登壇した翻訳者19人全員の推薦書と紹介内容が載っています。今後の読書ガイドとしてぜひ活用してください。 

翻訳・通訳のトビラ」には、一昨年の「ことばの魔術師 翻訳家・東江一紀の世界」トークイベントのレポートなど、役に立つ記事が満載です。 

―――――――――― 

 2月4日(土)の15時30分から朝日カルチャーセンター新宿教室でおこなわれる中田秀夫監督との対談「映画日和、翻訳日和」は、まだまだ募集中です。もちろんジャパニーズ・ホラーのことや新作〈ホワイトリリー〉のことも話しますが、そのほか、通常の中田監督やわたしのトークイベントではまったく出ないであろう話題がたくさん出ると思います。たとえば、 

・学生時代にふたりがどんな映画を観て、それがいまのそれぞれの仕事にどう役立っているか 

・中田監督のイギリス留学時代と、その時期に撮ったドキュメンタリー「ジョセフ・ロージー 四つの名を持つ男」や、翻訳した『追放された魂の物語 映画監督ジョセフ・ロージー』について 

・中田監督がハリウッドで仕事をしていた時代にどんな苦労があったか(言語、文化、映画界のビジネス慣行などなど) 

・中田・越前のそれぞれが選ぶ日活ロマンポルノのベストテン 

 などなど。このほか、新作〈ホワイトリリー〉の英語版字幕を担当した蔭山歩美さんから、翻訳の仕事を引き受けてから完成するまでのエピソードをいくつか披露していただきます。 

 ぜひご参加ください。お申しこみはこのページから。電話でも受けつけています。

Img_0651

――――――――――

 まもなく発売されるアルク『翻訳事典』2018年度版に寄稿しています。今回は「翻訳者になるためにはまず何をすべきか?」という初心者向けのページに、翻訳の勉強をはじめるにあたっての心構えを書いています。

« 松山読書会に参加して感じたこと | トップページ | 「映画日和、翻訳日和」+日活ロマンポルノ・マイベストテン »

新刊・イベント・講座情報」カテゴリの記事