プロフィール

  • 越前敏弥
    文芸翻訳者。 いまのところ、更新は週1、2回程度です。 ご感想・お問い合わせなどは office.hyakkei@gmail.com へお願いします。
無料ブログはココログ

« INFORMATION 2016-08-15 | トップページ | 朝日カルチャーセンター10月期の翻訳講座 »

2016年8月23日 (火)

INFORMATION 2016-08-23

 去る18日に第19回ミニイベント「『翻訳百景』こぼれ話」をおこないました。今回は特にゲストのかたをお招きせず、ひとりでお話ししましたが、昼夜合わせて75名のかたが参加してくださいました。ありがとうございました。 

 翻訳の仕事に必要な基本的資質や、最近の日本語の使われ方、「『思い出のマーニー』翻訳秘話」のこぼれ話、全員参加のクイズなど、いくつか実例をあげて思いつくままに話をさせてもらいました。1年か2年ごとぐらいに、このような形のトークをまたやってみたいと考えています。 

 9月3日(土)に朝日カルチャー新宿教室である「翻訳百景・英語と日本語のはざまで」も、今回と似たような構成のトークイベントですが、やや英文を読んでもらう量が増えます(一部をプリントの形でお渡しします)。内容はまったく重ならないので、そちらにもぜひご参加ください。 

―――――――――― 

 21日に発行された《通訳翻訳ジャーナル》2016年秋号に、連載「小説を訳そう 越前敏弥の文芸翻訳ドリル」の第2回が掲載されています(全4回の予定)。『日本人なら必ず悪訳する英文』の第3部や第4部と同じように、10行ぐらいの英文と生徒訳を並べ、改善点を検討して講師訳を示すという形の4~5ページのドリルです。課題文は前回に引きつづき、ジェフリー・ディーヴァーの『死の教訓』の一節。よかったら手にとってください。 

―――――――――― 

 10月15日(土)の第20回ミニイベント「ファンタジーを心ゆくまで語りつくそう!(」ゲスト・金原瑞人さん&酒寄進一さん&三辺律子さん)のお申しこみを引きつづき受けつけています。すでに110名近くのかたがお申しこみになっていますが、大ホールでの開催なので、まだまだお席の余裕はあります。参加を希望なさるかたは、このページから第17回の採録ファイルをダウンロードしたうえで、メールでお申しこみください。

 また、まだ正式には受けつけていませんが、翌週の10月21日(金)の夜に大阪で金原瑞人さん、三辺律子さんといっしょにトークイベントをおこなう予定です。内容は今年1月の第15回イベントと似た流れで、《BOOKMARK》刊行のいきさつを中心としたものになります(今回の場合は4号または5号までについて)。受付開始は9月中旬で、紀伊國屋グランフロント大阪店から告知されます。参加を希望なさるかたは、その日の夜を空けておいてください。

Fullsizerender

―――――――――― 

 朝日カルチャーセンター新宿教室の10月期翻訳クラスの受付は24日にはじまります。中之島教室でも近々はじまる予定です。各講座の詳細については、このブログで9月はじめごろに書きますが、内容をご存じのかたはそれより先にお申しこみください。参考までに、7月期の詳細はここにあります。

―――――――――― 

 翻訳書を読んで自由な形式で文章を書く読書探偵作文コンクール(小学生対象)にぜひご応募ください(締め切りは9月23日必着)。先日の〈久米書店〉の番組内で壇蜜さんが紹介してくださったときの様子がここに載っています。また、DOTPLACEの連載〈出版翻訳これから、あれこれ〉の第4回でもこのコンクールについて書きました。

E09849ce0ae39616443c387bb5aaf8a8

« INFORMATION 2016-08-15 | トップページ | 朝日カルチャーセンター10月期の翻訳講座 »

新刊・イベント・講座情報」カテゴリの記事