プロフィール

  • 越前敏弥
    文芸翻訳者。 いまのところ、更新は週1、2回程度です。 ご感想・お問い合わせなどは office.hyakkei@gmail.com へお願いします。
無料ブログはココログ

« 第17回イベント報告 | トップページ | 朝日カルチャーセンター7月期の翻訳講座 »

2016年5月25日 (水)

第18回ミニイベントについて&「ファンタジーを徹底的に語ろう!」第2弾について

【6月24日追記 満席となりました。これ以後はキャンセル待ちの形で受けつけます】

 先日お知らせしたとおり、第18回翻訳百景ミニイベントを以下の内容で開催します。すでに受付ははじまっていて、現在20名近くのかたがお申しこみになっています。 

日時: 2016年6月30日(木) 19時から20時30分
会場: 東京ウィメンズプラザ(表参道駅から徒歩7分、渋谷駅から徒歩12分)
参加費: 1,000円
 

ゲスト: 柳下恭平さん 

 今回は校正・校閲の専門会社鴎来堂の代表であり、神楽坂のかもめブックスの店主でもある柳下恭平さんをお招きしてお話をうかがいます。まず1時間程度、おもに翻訳書の校閲・校正について具体例をあげながら現場の声を伝えていただき、後半の30分は越前とのフリートークやQ&Aにあてる予定です。

 かもめブックスの話もぜひ聞きたいのですが、1時間半の枠で何もかもうかがうのはむずかしいため、今回は翻訳書を中心とした校閲・校正の現在と未来についてくわしく語っていただき、かもめブックスの話はQ&Aの時間に少しお尋ねする形になることをご了承ください。翻訳にかぎらず、出版やことば全般に興味のある人は必聴のトークイベントです。


【ゲスト紹介】(敬称略)
柳下恭平(やなした きょうへい)
1976年生まれ。編集や校閲の仕事を経て、2006年に校正・校閲の専門会社、鴎来堂を創設。みずから校閲の仕事をつづけるかたわら、後進の育成のための校正学校などを主催。会社近くの書店が閉店したのをきっかけに、2014年末、神楽坂に「かもめブックス」をオープンし。さらに、15年10月、だれもが書店をはじめられるようにするための流通サービス「ことりつぎ」の事業を開始。
鴎来堂 http://www.ouraidou.net/
かもめブックス http://kamomebooks.jp/
ことりつぎ http://kotoritsugi.jp/

 お申しこみのメールは office.hyakkei@gmail.com 宛にお願いします。その際、氏名(ハンドルのみは不可)と、当日連絡のつきやすい電話番号または携帯メールアドレス(PCと同じアドレスの場合はその旨)をかならず書いてください。 

 柳下さんへの質問も募集しています。お申しこみのメールに書き添えてもらえれば、当日の進行の参考にさせていただきます。ただし、時間の制約がありますので、すべての質問にはお答えできない可能性があることをご了承ください。

――――――――――――――――――――

 先日大盛況のうちに終了した第17回翻訳百景ミニイベント「ファンタジーを徹底的に語ろう!」の第2弾を今年の秋に開催することになりました。ゲストは同じ金原瑞人さん、酒寄進一さん、三辺律子さんのお三方です。日時は10月15日(土)19時から20時30分、会場は同じ東京ウィメンズプラザ大ホールです。

 それに先立ち、まず先日のトークの内容を要約したダイジェスト版を公開します(7月ごろになる予定。しばらくお待ちください)。それをお読みになっていることを前提として、第2弾ではお三方によるフリートークとQ&Aの形で進めていきます。第17回に参加なさったかたも、参加なさらなかったかたも、どちらも参加できます。

 受付開始は第18回の終了後、7月上旬になる予定ですが、興味のあるかたは10月15日の夜を空けておいてください。

« 第17回イベント報告 | トップページ | 朝日カルチャーセンター7月期の翻訳講座 »

新刊・イベント・講座情報」カテゴリの記事