プロフィール

  • 越前敏弥
    文芸翻訳者。 いまのところ、更新は週1、2回程度です。 ご感想・お問い合わせなどは office.hyakkei@gmail.com へお願いします。
無料ブログはココログ

« 『翻訳百景』のもくじ&大阪トークイベントのお知らせ | トップページ | 翻訳書の持ちこみ企画について(その2) »

2016年2月 1日 (月)

INFORMATION 2016-02-01

 【2月23日追記 25日の東京トークイベント、26日の大阪トークイベントは、ともに満席となりました。東京はキャンセル待ち、大阪は立見観覧が可能です】

【2月17日追記 25日の東京トークイベント、26日の大阪トークイベントは残席わずかです。参加を希望なさるかたは早めにお申しこみください。】

『翻訳百景』と文庫版『インフェルノ』の刊行記念トークイベントは、2月下旬に3日連続でおこなわれます。 

 2月25日(木)の第16回翻訳百景ミニイベント(表参道・東京ウィメンズプラザ)は、(株)KADOKAWA 文芸・ノンフィクション局局長の郡司聡さんをお招きしての対談形式でおこないます。参加費は今回のみ無料。現在、すでに約60名のかたがお申しこみになっていて、お席の半分以上が埋まりました。参加をご希望のかたは、この記事をご確認のうえ、早めにお申しこみください。 

 翌26日(金)には、紀伊國屋書店グランフロント大阪店でトークイベントを開催します。こちらはおそらく角川新書の編集者が聞き手になって進める形になりますが、トークの内容は前日の東京と似たものになります。詳細については、この告知記事をご覧のうえ、紀伊國屋書店グランフロント大阪店へ直接お申しこみください(トークイベントは無料ですが、整理券が必要になります)。 

 さらに、その翌日の27日(土)には、京都のイベントスペース amu KYOTO でトークイベントをすることになりました。案内記事はこちらです。この日は翻訳ミステリー京都読書会の世話人のかたが聞き手となり、半分ぐらいの時間はプロジェクターを使った解説(以前朝日カルチャーセンターや大塚国際美術館でおこなった講演「ダン・ブラウン翻訳秘話」に近い内容)なので、25日の東京、26日の大阪とはほぼ別内容です。こちらも参加費は無料です。 

―――――――――――――― 

 アルクの『翻訳事典』2017年版が先週発売されました。今年は訳文吟味教室の出版翻訳編を担当し、3人の生徒の訳文を添削しました。

Czihsayuuaaq6ph

―――――――――――――― 

 今年も翻訳ミステリー読者賞が催されます。これは全国翻訳ミステリー読書会の人たちが中心になって運営しているもので、プロ・アマを問わず、すべての読者による投票で決定します。今年から方式が簡単になり、1作だけに投票する形になりました。初心者も含めて、だれでも気軽に参加できる賞なので、ぜひ皆さんも投票してください。投票は3月1日スタートです。

―――――――――――――― 

 これまで全国の読書会へ出向くたびにツイッターでつぶやいてきたことをまとめました。半分以上がラーメンなどの画像ですが、よかったら見てください。

 「全国翻訳ミステリー読書会&ラーメン店めぐりの記録

« 『翻訳百景』のもくじ&大阪トークイベントのお知らせ | トップページ | 翻訳書の持ちこみ企画について(その2) »

新刊・イベント・講座情報」カテゴリの記事