プロフィール

  • 越前敏弥
    文芸翻訳者。 ご感想・お問い合わせなどは office.hyakkei@gmail.com へお願いします。
無料ブログはココログ

« INFORMATION 2015-07-24 | トップページ | INFORMATION 2015-08-03 »

2015年7月28日 (火)

『中途の家』刊行/「国名シリーズ プラスワン」完結

 先週末の25日に角川文庫のエラリー・クイーン〈国名シリーズ プラスワン〉第10弾『中途の家』が刊行されました。佐藤桂さんとの共訳です。

Image2_2

 これをもって、角川文庫でのエラリー・クイーン作品の新訳はひとまず終了となります。

 2009年の『Xの悲劇』の新訳からはじまって、レーン4部作も含めて14作にわたって訳出の機会を与えてくれたKADOKAWAの関係者のみなさん、そして長く支持してくださった読者のみなさんにお礼を申しあげます。

 また、飯城勇三氏は、『ローマ帽子の秘密』以降の全作で解説を書いてくださったばかりか、初版原書や諸資料の提供、訳出上のアドバイスなど、さまざまな形で力を貸してくださいました。どれほど感謝してもしきれないと思っています。

 そして、〈国名シリーズ プラスワン〉をこれほどの短期間で全作訳出できたのは、共訳者たち(青木創さん、下村純子さん、国弘喜美代さん、北田絵里子さん、佐藤桂さん)の奮闘があったからです。この場を借りてお礼を申しあげます。お疲れさまでした。

 なぜ『中途の家』も含めた〈国名シリーズ プラスワン〉としてこの10作を新訳したのか、なぜ『ニッポン樫鳥~』がはいらないのか、などについては、飯城さんの解説を読んでいただければおそらくおわかりになると思います。ただし、今後『ニッポン樫鳥~』(原題 Door Between)の新訳をする可能性がゼロというわけではなく、あくまでこれでひと区切りというふうにご理解ください。

 なお、早川書房からはわたしの新訳で昨年末に『災厄の町』が出ていますが、これにつづいて、8月21日に『九尾の猫』が刊行される予定です。

『中途の家』の刊行日には、紀伊國屋グランフロント大阪店でトークイベント「エラリー・クイーン翻訳秘話」を開催し、50名近くのかたが来てくださいました。ほぼ同内容のトークイベントを、東京では10月中旬に予定しています。近日中に告知できるので、もう少しお待ちください。

« INFORMATION 2015-07-24 | トップページ | INFORMATION 2015-08-03 »