プロフィール

  • 越前敏弥
    文芸翻訳者。 いまのところ、更新は週1、2回程度です。 ご感想・お問い合わせなどは office.hyakkei@gmail.com へお願いします。
無料ブログはココログ

« 〈ことばの魔術師 翻訳家・東江一紀の世界〉トークイベント | トップページ | INFORMATION 2015-05-13 »

2015年5月 7日 (木)

学研カレッジの新設講座「ダン・ブラウンを読む」

 4月に新設された学研カレッジで、翻訳入門の講座を担当することになりました。

 講座名は「ベストセラー翻訳入門 ダン・ブラウンを読む」。

 6月、7月、8月の第2月曜の午後6時半から8時半まで、計3回のクラスです。

 扱う作品は順に『天使と悪魔』、『ダ・ヴィンチ・コード』、『インフェルノ』で、予習はそれぞれの訳書を読んでくることだけです。 

 2時間のうち、最初の30分程度は、訳書を読んでの感想をみなさんに言ってもらったり、こちらから読みどころや翻訳時のエピソードをお話ししたりします。 

 その後、原文の一部(10行から15行程度)と、以前の生徒による訳例をその場でお渡しし、10分ぐらい時間をとって、訳文の問題点や改善すべき点をみなさんに考えてもらったあと、意見交換をしながら、原文の深い読みとり方や、よりよい訳文の作り方を研究していきます。 

 これに30分程度をかけ、1回の講座で同様のことを3か所の原文についておこないます。 

『日本人なら必ず悪訳する英文』をお持ちのかたは、第3部・第4部の翻訳演習とほぼ同じ形式だと思ってくださってかまいません。 

 翻訳を勉強中の人はもちろん、まったくの初心者や、翻訳小説全般に興味がある人、ダン・ブラウンの作品が好きで原書も読んでみたい人なども大歓迎です。 

 朝日カルチャーの講座や、『日本人なら必ず悪訳する英文』の第4部(「ダ・ヴィンチ・コード」の翻訳に挑戦!)とはまったく内容が重なりません。 

 なお、現時点では自由が丘の産経学園での講座だけが告知されていますが、同時期に吉祥寺でも同内容の講座をおこないます。そちらは第4月曜日の午後3時から5時までの予定です。正式に告知されたら、あらためてお知らせします。 

 学研カレッジでの講座は、何よりもまず、海外の小説を深く楽しんでもらうことを主眼として企画したものです。英文課題の予習は不要なので、多少とも興味のあるかたは気軽に参加してください。お申しこみはこのページからどうぞ。

【5月8日追記】学研カレッジのサイトへのアクセスがむずかしい場合は、産経学園のお申しこみページ を直接ご覧ください。

 秋以降にも別の内容の講座を企画しています。そちらについても後日お知らせします。

_01_3

« 〈ことばの魔術師 翻訳家・東江一紀の世界〉トークイベント | トップページ | INFORMATION 2015-05-13 »

新刊・イベント・講座情報」カテゴリの記事