« 〈ことばの魔術師 翻訳家・東江一紀の世界〉大阪トークイベント&『ストーナー』読書会 | トップページ | 〈ことばの魔術師 翻訳家・東江一紀の世界〉トークイベント追加開催のお知らせ »

2015年5月28日 (木)

第13回翻訳百景ミニイベントの報告

 昨夜、表参道の新会場で、第13回翻訳百景ミニイベントが開催されました。 

 ゲストは Tri-Logue を運営なさっている映像翻訳者の岩辺いずみさん、尾山恵美さん、仙野陽子さん。ゲストと書きましたが、越前は最初と最後に簡単に挨拶しただけで、ほとんどは仙野さんの進行による鼎談形式でおこなわれました。 

 参加者は70名近くで、映像翻訳者や映像翻訳学習中の人が約半数、その他の翻訳に携わっている人や、翻訳に興味をお持ちの一般のかたが約半数でした(最初に挙手をしてもらったとき、一般のかたはほとんどいないように見えたかもしれませんが、おそらくなんとなく手を挙げづらかったのだと思います。わたしが把握しているだけで、少なくとも10数名は参加なさっています)。 

 トークは、おもに事前にみなさんからいただいていたご質問に答える形で進行しました。どのようないきさつで映像翻訳の仕事をはじめたかや、新しい仕事を見つけるためにどんなくふうをしているか、実際の仕事でどんな局面にぶつかるかなどなど、具体的な実例をいくつもあげての説明が大変わかりやすかったと思います。 

 わたし自身は出版翻訳にかかわっているので、仕事の細かいルールやアウトプットの仕方はちがいますが、仕事に向かう基本姿勢はほとんどの点で共通していて、その意味で、ほかのジャンルに携わる人、携わろうとしている人にとっても有意義な時間になったのはまちがいありません。 

 また、3人で刺激し合ったり、仕事につまずいたときにヒントを与え合ったりしてきた具体例もいくつか紹介してくださり、とてもうらやましく感じました。ときには仕事の各局面で主張すべき事を主張したり、ことわるべきことをことわったりという話は、全参加者にとって貴重なアドバイスになったはずです。 

 終了後に回収したアンケートから、いくつかご紹介します。

・映像翻訳者の方のお話を聞かせていただいたのははじめてだったのですが、自分が勉強している分野にも活かせることも多く、大変勉強になりました。(訳文を人目にさらすことの大切さや、活躍されているプロの方たちはつねにご自分を客観視されていて勉強されているのだなあ…ということなど…)信頼できるお仲間がいるのは素敵だなあと思いました。業界の現状も、大変興味深かったです。ありがとうございました。

・貴重なお話、ありがとうございました。字幕翻訳者として今後進むべき方向性に悩んでいたので、みなさんの活動に勇気づけられました。まだまだ勉強不足だな、やるべきことは山ほどあるなと。もっと突き進んでみます。

・翻訳にすごく興味はあるけど、実務的な部分までは知らなかったので、日ごろの疑問(ことば遊びや専門用語の調べかたなど)が解けてうれしかった。そして、字幕はひらくor漢字どちらで記載するか決まっていたり、PCにつなげることができる辞書(電子)があったりと、知らないこと、思いもつかなかった情報を知れてよかった。

・3人のお話を聞いたのははじめてではないのですが、訳すプロセスをこんなに細かく聞いたのははじめてで、興味深くうかがいました。(ほんとうに人それぞれ……)積極性は特に見習わなくては…と思いました。どうもありがとうございました。

・今回はプロの方が多いようだったので、内容が上級者向けだったと感じました(どうやって営業しているか等)。とても勉強にはなりましたが、もし次回あれば、もっと初心者向けの業界図や全体の説明、もしくは実際に翻訳してみるworkshop的なイベントをしてくださるととても嬉しいです。今回はとてもリアルな話が聞けておもしろかったです。ユニットで売っていくというのはとても良いと思います。またお話聞きたいです。

 あらためて、貴重なお話をしてくださった Tri-Logue のみなさん、参加してくださったみなさん、ありがとうございました。 

 次回(第14回)の翻訳百景ミニイベントの内容はまだ決まっていませんが、9月ごろに、以前一度おこなって大好評だったミニビブリオバトルを久しぶりに開催しようかと考えています。詳細が決まりましたら、このブログでお知らせします。

« 〈ことばの魔術師 翻訳家・東江一紀の世界〉大阪トークイベント&『ストーナー』読書会 | トップページ | 〈ことばの魔術師 翻訳家・東江一紀の世界〉トークイベント追加開催のお知らせ »

新刊・イベント・講座情報」カテゴリの記事