プロフィール

  • 越前敏弥
    文芸翻訳者。 いまのところ、更新は週1、2回程度です。 ご感想・お問い合わせなどは office.hyakkei@gmail.com へお願いします。
無料ブログはココログ

« INFORMATION 2015-01-21 | トップページ | INFORMATION 2014--2-02 »

2015年1月27日 (火)

『チャイナ蜜柑の秘密』について

【2月26日の 第12回翻訳百景ミニイベント は、いったん満席のため締め切っていましたが、大きな部屋への変更が可能になったため、再度受付を開始しました。】

―――――

 角川文庫の新訳エラリー・クイーン国名シリーズ第8弾『チャイナ蜜柑の秘密』が刊行されました。表紙には、今後の出番が少なくなるということもあり、第3弾『オランダ靴の秘密』につづいてジューナが登場しました。

 既訳のタイトルは『チャイナ橙~』や『チャイナ・オレンジ~』でしたが、今回はシリーズではじめて、既訳にないことばを使いました。作中には「皮がむきやすいから食べやすい」、「房がきれいに分かれる」、「汁気が多くて甘い」などと書かれていて、「蜜柑」と呼ぶのがもっともふさわしいと判断したからです。

 いっそのこと『中国蜜柑の秘密』にしたい気持ちもありましたが、クイーンの作品はよく「ギリシャ~」「オランダ~」などと略して論じられ、国名の部分まで変更すると混乱が生じかねないため、それは控えたしだいです。

 1977年に、二人組作家クイーンの一方であるフレデリック・ダネイが来日したとき、自作のベストとして選んだのがこの作品です。このときの上位は、

1位 チャイナ蜜柑の秘密

2位 災厄の町

3位 中途の家

番外 九尾の猫

 というものでした。『チャイナ蜜柑の秘密』をベストワンに選んだ理由や背景については、飯城勇三氏による解説にくわしく書かれています。

 今回も解説は20ページに及ぶ詳細なものです。また、EQFCの会員のかたによるトリックの図解も載っているので、ぜひお楽しみください(かならず本編読了後に見てください)。

 角川文庫の新訳国名シリーズ第9弾『スペイン岬の秘密』は4月下旬、番外編の『中途の家』(仮題)は7月下旬に刊行される予定です。また、早川ミステリ文庫の新訳『九尾の猫』は8月刊になりそうです。

« INFORMATION 2015-01-21 | トップページ | INFORMATION 2014--2-02 »

新刊・イベント・講座情報」カテゴリの記事