プロフィール

  • 越前敏弥
    文芸翻訳者。 いまのところ、更新は週1、2回程度です。 ご感想・お問い合わせなどは office.hyakkei@gmail.com へお願いします。
無料ブログはココログ

« 第10回イベント報告&第11回イベントのお知らせ | トップページ | 地の文が現在形である場合 »

2014年10月 3日 (金)

INFORMATION 2014-10-03

 10月24日(金)の夜7時から8時30分まで、紀伊國屋グランフロント大阪店の主催でトークショー「『思い出のマーニー』翻訳秘話」をおこないます。お申しこみの詳細についてはこちらをご覧ください。 

 仕事を引き受けてから訳稿完成にいたるまで、短期間での共同作業をどうこなしたかや、作中のキーワードとなるいくつかの表現の訳出についてや、映画公開後の反応など、翻訳や語学に少しでも興味がある人なら楽しめる内容にするつもりです。訳書を読んでいないかた、映画を観ていないかたでも、もちろん参加できます。 

 東京では、11月27日(木)の夜7時から、ほぼ同じ内容の話を朝日カルチャーセンター新宿教室でします。そちらの受付もはじまっています。詳細についてはここを見てください。 

 どちらの会場でも終了後にQ&Aとサイン会をおこない、大阪では関連書の販売もあります。 

―――――――――― 

 6月に逝去なさった東江一紀さんの遺作『ストーナー』(ジョン・ウィリアムズ著、東江一紀訳、布施由紀子編集協力、作品社)が刊行されました。 

 亡くなる前日に刊行された『黄泉の河にて』(ピーター・マシーセン著、東江一紀訳、作品社)と合わせて、ぜひご一読ください。

 

―――――――――― 

 11月20日(木)の第11回翻訳百景ミニイベント(ゲスト: ヘレンハルメ美穂さん)は、現時点で4割程度のお席が埋まっています。内容とお申しこみの詳細については、この記事をご覧ください。 

――――――――――

 10月期の朝日カルチャーセンター新宿教室の講座は、あす4日(土)に開講します。 

「英米小説の翻訳」は予習が必要なので、いまからの申しこみはできませんが、「文芸翻訳のツボ」は予習不要の1回きりの入門クラスなので、どなたでも受講できます。興味のあるかたは、いまからでも電話でお問い合わせください。

 大阪・中之島教室の講座は今月の25日(土)にあり、まだ受付中です。詳細については、こちらの記事をご覧ください。

 

« 第10回イベント報告&第11回イベントのお知らせ | トップページ | 地の文が現在形である場合 »

新刊・イベント・講座情報」カテゴリの記事