« INFORMATION 2014-10-23 | トップページ | 読書探偵作文コンクール、結果発表 »

2014年10月29日 (水)

INFORMATION 2014-10-29

 銀座の数多くの名店で配布されている小雑誌《銀座百点》11月号にエッセイを寄稿しました。翻訳ミステリー全国読書会について書いています。目にする機会があったら読んでみてください。

Fullsizerender

―――――――――― 

 朝日カルチャーセンター(東京・大阪)の「英米小説の翻訳」1月期の課題図書が決まりました。東京は以下の3冊すべて、大阪は少なくとも1冊を読んだうえで参加してください。 

・『Xの悲劇』(エラリー・クイーン著、越前敏弥訳、角川文庫)
・『新編 戦後翻訳風雲録』(宮田昇著、みすず書房)
  [『戦後「翻訳」風雲録―翻訳者が神々だった時代』(本の雑誌社)でも可]

・『プレシャス』(サファイア著、東江一紀訳、河出文庫)
  [『プッシュ』(河出書房新社)でも可]

―――――――――― 

 11月20日(木)の第11回翻訳百景ミニイベント(ゲスト: ヘレンハルメ美穂さん)は、6割程度のお席が埋まっています。お申しこみの詳細については、こちらをご覧ください。前回イベントのアンケートの回答もいくつか紹介しています。 

 この日は、北欧の作品の魅力のほか、仕事をはじめたきっかけや、その後どのような形で仕事を引き受け、進めてきたかなどを中心にお話をうかがう予定です。英語の翻訳に興味がある人にとっても、役に立つ話をたくさん聞けると思います。 

―――――――――― 

 11月23日(日)に開催される第15回せんだい探偵小説お茶会(翻訳ミステリー大賞シンジケート後援第6回仙台読書会)は、残席わずかとなっています。 

 この日は、エラリー・クイーンのドルリー・レーン4部作(『Xの悲劇』『Yの悲劇』『Zの悲劇』『レーン最後の事件』)を課題書として扱います。また、来年予定しているトーク「エラリー・クイーン翻訳秘話」(仮題)の内容の一部を、東京と大阪に先立ってお話しする予定です。 

―――――――――― 

 11月27日(木)の午後7時から、朝日カルチャーセンター新宿教室で、特別講演「新訳『思い出のマーニー』翻訳秘話」があります。先日大阪で開催したものとほぼ同内容です。 

 前半は、仕事を引き受けてからその後の協力作業をどのようにおこなってきたかを中心に、後半は、作中のいくつかの表現の研究や関連書・類似書の紹介を中心にお話しします。中学生程度の英語の知識があればじゅうぶんです。『思い出のマーニー』の作品そのものにほとんど興味がない人にとっても、かなりおもしろい内容なので、気軽にお越しください。お申しこみはこちらからお願いします。 

――――――――――

 文芸翻訳初心者用のPDFファイル「文芸翻訳入門」のダウンロードページへのリンクを、右側の「リンク」の欄に追加しました。

« INFORMATION 2014-10-23 | トップページ | 読書探偵作文コンクール、結果発表 »

新刊・イベント・講座情報」カテゴリの記事