プロフィール

  • 越前敏弥
    文芸翻訳者。 いまのところ、更新は週1、2回程度です。 ご感想・お問い合わせなどは office.hyakkei@gmail.com へお願いします。
無料ブログはココログ

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月29日 (金)

朝日カルチャーセンター10月期の翻訳講座

 朝日カルチャーセンター東京・新宿教室と大阪・中之島教室の2014年10月期の翻訳講座の申しこみ受付がはじまりました。新宿教室も中之島教室も、「文芸翻訳のツボ」と「英米小説の翻訳」の2つのクラスがあります。

「文芸翻訳のツボ」は、毎期おこなわれる1回きりのオリエンテーションクラスで、小説を中心とする文芸翻訳を手がけるにあたって留意すべきことをざっと学びます(1回しか受講できません)。 予習教材はまったくありません。教材は当日配り、その場でいっしょに考えていきます。空きさえあれば、直前の申しこみでもだいじょうぶです

「英米小説の翻訳」は、東京・大阪ともに1期あたり合計4時間半の講座で、東京は1時間半×3回、大阪は4時間半×1回の形でおこないます。原則として、長短編小説の一部をていねいに訳し、全員の訳文を全員に配布して細かく検討していきます。7月期は、シートン動物記の1編である "Arneaux, the chronicle of a homing pegion" を扱います。今回は児童書で、いつもと要領がちがうため、何に留意すべきかをまとめたメモと英和対訳サンプルを事前にお渡しします。

 シートン動物記については、過去のこの記事この記事を参考にしてください。シートンの作品の原文は大人が読んでもきわめて難解な部分があり、児童書と言ってもけっしてやさしくないので、じゅうぶん心して取り組んでください。シートンを扱うのは今期だけで、1月期はエラリー・クイーンの作品を教材にする予定です。

「英米小説の翻訳」では、英文の訳読のほかに、毎回指定した本(おもに翻訳書)を読んできて簡単に感想を言ってもらう時間を少しとります。課題書はこのブログの右側に並んでいます。7月期は、東京が『シートン動物記 サンドヒルの雄ジカほか』『カステラ』『ライフボート』の3作(この順に)。大阪はその3作のうち少なくとも1作ですが、余裕があればすべて読んでみてください。

 越前の講座をはじめて受ける人は、できればまず「文芸翻訳のツボ」を受講してください。ただし、回数が少ないので、可能なら両方を同時に受講することをお勧めします

両クラスとも、『日本人なら必ず悪訳する英文とPDFファイル〈文芸翻訳入門〉が必修教材になっています(当日持参する必要はありません)。〈文芸翻訳入門〉はこの記事からダウンロードしてください。

 東京・新宿教室の10月期は、10月4日(土)の15時15分から16時45分まで、「文芸翻訳のツボ」があります(お申しこみはここ)。

 「英米小説の翻訳」は、受講者が増えたため、今回も午前クラス・午後クラスのふたつに分けます。どちらか一方を受講してください(内容はまったく同じです)。10月4日、11月1日、12月6日の3回(すべて土曜)で、午前の部が10時から11時30分(ここ)、午後の部が12時30分から14時までです(ここ)。

 大阪・中之島教室の10月期は、10月25日(土)の1回だけです。「文芸翻訳のツボ」は10時から11時30分まで(ここ)、「英米小説の翻訳」は12時30分から17時まで(ここ)です。

 このほか、東京・新宿教室では、11月27日(木)の19時から20時30分まで、一般向け講演会「新訳『思い出のマーニー』翻訳秘話」をおこないます(ここ)。翻訳や語学に少しでも興味がある人ならじゅうぶん楽しめる内容で、予習は不要です。ぜひ、お知り合いのかたなどを誘ってご参加ください。

 大阪・中之島教室では、10月期は一般講演会の開催予定はありません。講座前日の10月24日(金)の夜には、紀伊國屋グランフロント大阪店で、新宿教室とほぼ同内容の一般向け講演会「新訳『思い出のマーニー』翻訳秘話」をおこなう予定になっています。こちらについては、10月にはいってから正式にお知らせします。

2014年8月16日 (土)

大塚国際美術館『インフェルノ』特別読書会のお知らせ

【8月23日に諸情報を加筆し、一部修正しました】

 以前も簡単にお知らせしましたが、9月20日(土)に徳島県鳴門市の大塚国際美術館の館内で『インフェルノ』を課題書とした特別読書会を開催します。

 大塚国際美術館には、おもに西洋の名画1,000点余りを陶板画化したもの(すべて実物大)が常設展示されています。 

 ここでは、名画を楽しむためのさまざまなイベントやギャラリートーク(館内ツアー)などが常時おこなわれています。現在は、テルマエ・ロマエツアーⅡ怖い絵ツアー週末ギャラリートークなどが開催されているようです。 

 かつては長期にわたって『ダ・ヴィンチ・コード』ツアーを開催してくださり、このツアーだけで1万人以上のかたが参加してくださったと聞いています(わたしも家族で参加しました)。 

 今回、大塚国際美術館のご協力を得て、館内の会議室で読書会を開催することになっています。

 日時: 9月20日(土) 午後3時30分から5時 

 参加費: 美術館の入場料のみ、読書会自体は無料 

 課題書: ダン・ブラウン著 『インフェルノ』 

 課題書は各自でご購入のうえ、かならず読了してご参加ください。紙でも電子版でもかまいません。 

 このほか、当日は館内で以下の2つを開催することになっています。 

 (1) 美術館スタッフの案内による館内ツアー「地獄へようこそ…」。『インフェルノ』やダンテにまつわる作品群を解説。所要時間45分程度。 

   9月20日は12時30分からと15時30分からの2回開催。読書会参加者は12時30分の回に参加してください。 

   このギャラリートークだけは、9月13日、14日、15日、21日にも12時30分からおこなわれます。

 (2) 越前のトークショー。『インフェルノ』をはじめとするダン・ブラウン作品の翻訳にまつわるエピソードを、登場する美術作品の話を中心にお話しします。1時間程度。

 そちらのふたつは大塚国際美術館の主催です(どちらも無料、要入館料)。読書会参加者は、ぜひそちらにも合わせて参加してください。お申しこみはここここから各自でお願いします。開館時間は午前9時30分から午後5時までです。

 読書会については、本日から office.hyakkei@gmail.com でお申しこみの受付を開始します。 

 読書会への参加を希望なさるかたは、office.hyakkei@gmail.com 宛にメールをお送りください。本名または著訳書のペンネーム(ハンドルのみは不可)、当日連絡のつきやすい電話番号または携帯メールアドレス(PCと同じアドレスの場合はその旨)をかならず書いてください。  

 せっかくのよい機会なので、読書会に参加なさるかたは当日はなるべく早く(できれば開館時刻の9時半ごろに)お越しになって、ゆっくり館内をまわることをお薦めします。終了後には近所で自由参加の宴会(別料金)をおこなう予定で、これに関しては読書会参加予定者宛に個別にメールでお知らせします。 

 大塚国際美術館へのアクセスはこちらを参考にしてください。関西方面からは日帰りがじゅうぶん可能で、バスを利用なさるのが便利です(大阪からの場合はこちら参考になると思います)。 東京・福岡・札幌からの飛行機の時刻表はこちらです。

 宿泊なさる場合、宿の手配は各自でお願いします。 

 その他、ご質問などがあれば、office.hyakkei@gmail.com へメールでお問い合わせください。翻訳ミステリー大賞シンジケートのサイトにも同様の案内記事があるので、そちらもご覧ください。多くのかたのご参加をお待ちしています。

2014年8月13日 (水)

イベント時間帯増設のお知らせ

 9月25日(木)に予定している第10回翻訳百景ミニイベントは、おかげさまですでに多数のかたからお申しこみをいただいているので、今回は時間帯を増設し、昼と夜の2回に分けて同一内容で開催します

(1) 午後1時30分から3時15分(昼の部)

(2) 午後7時から8時45分(夜の部)

 これから申しこまれるかたは、昼の部、夜の部のどちらであるかを明記してください

 すでにお申しこみのかたは、メールでお伝えしたとおり、昼への変更を希望なさる場合にはご連絡ください。

 以下、念のため前回と同じ告知文を掲載します。

 さらに多くのかたのご参加をお待ちしています。

―――――

 日時  2014年9月25日(木)午後7時から8時45分 【および午後1時30分から3時15分】

 会場  表参道駅近くのセミナールーム(詳細は申込者に直接メールでお知らせします) 

 参加費  1,500円(ただし、一部のかたは1,000円に割引)

 今回はゲストをお呼びせず、越前が最後までお話しします。

 内容は、(1)4月26日に紀伊國屋グランフロント大阪店でおこなわれた『日本人なら必ず誤訳する英文』刊行記念講演会と、(2)6月22日のIJET(英日・日英翻訳国際会議、東京ビッグサイト)でお話しした「翻訳者は何ができるか、何をすべきか」の両方の内容を合わせ、新しい内容も少し加えて、翻訳学習者や語学学習者、さらには一般のかたにも楽しんでもらえるようにアレンジしたものにする予定です。

 つまり、誤訳しがちな英文の実例をあげての解説が半分、出版翻訳者としての心構えや今後の展望などに関する話が半分ということです。

 上記のふたつに参加できなかったかたからのご要望が多かったので、あらためてお話しする機会を設けたしだいです。

 その日はミニビブリオバトルをおこなう予定でしたが、勝手ながら変更させていただきます。楽しみになさっていたかた、ごめんなさい。そちらはまた別の機会におこないます。

 申しこみ方法はいつもと同じですが、上記のふたつや、(3)7月25日の第6回大阪翻訳百景に参加なさったかたにとっては、内容の一部が重複するので、該当するかたの場合は参加費を1,000円に割引します。該当するかたは、お申しこみのメールに (1)(2)(3)のどれに参加なさったかを書き添えてください。ふたつ以上に参加なさったかたの場合も、まずご相談ください。 

 お申しこみのメールは office.hyakkei@gmail.com 宛にお願いします。その際、本名または著訳書のペンネーム(ハンドルのみは不可)、当日連絡のつきやすい電話番号または携帯メールアドレス(PCと同じアドレスの場合はその旨)をかならず書いてください。 

 これまでの翻訳百景ミニイベントについては、ここここここなどをご覧ください。

2014年8月 5日 (火)

第10回ミニイベントのお知らせ

 第10回翻訳百景ミニイベントの概要が決まったので、お知らせします。本日からご参加申しこみの受付を開始します。

 日時  2014年9月25日(木)午後7時から8時45分

 会場  表参道駅近くのセミナールーム(詳細は申込者に直接メールでお知らせします) 

 参加費  1,500円(ただし、一部のかたは1,000円に割引)

 今回はゲストをお呼びせず、越前が最後までお話しします。

 内容は、(1)4月26日に紀伊國屋グランフロント大阪店でおこなわれた『日本人なら必ず誤訳する英文』刊行記念講演会と、(2)6月22日のIJET(英日・日英翻訳国際会議、東京ビッグサイト)でお話しした「翻訳者は何ができるか、何をすべきか」の両方の内容を合わせ、新しい内容も少し加えて、翻訳学習者や語学学習者、さらには一般のかたにも楽しんでもらえるようにアレンジしたものにする予定です。

 つまり、誤訳しがちな英文の実例をあげての解説が半分、出版翻訳者としての心構えや今後の展望などに関する話が半分ということです。

 上記のふたつに参加できなかったかたからのご要望が多かったので、あらためてお話しする機会を設けたしだいです。

 その日はミニビブリオバトルをおこなう予定でしたが、勝手ながら変更させていただきます。楽しみになさっていたかた、ごめんなさい。そちらはまた別の機会におこないます。

 申しこみ方法はいつもと同じですが、上記のふたつや、(3)7月25日の第6回大阪翻訳百景に参加なさったかたにとっては、内容の一部が重複するので、該当するかたの場合は参加費を1,000円に割引します。該当するかたは、お申しこみのメールに (1)(2)(3)のどれに参加なさったかを書き添えてください。ふたつ以上に参加なさったかたの場合も、まずご相談ください。 

 お申しこみのメールは office.hyakkei@gmail.com 宛にお願いします。その際、本名または著訳書のペンネーム(ハンドルのみは不可)、当日連絡のつきやすい電話番号または携帯メールアドレス(PCと同じアドレスの場合はその旨)をかならず書いてください。 

 これまでの翻訳百景ミニイベントについては、ここここここなどをご覧ください。

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »