« 出版翻訳データベース | トップページ | 第10回ミニイベントのお知らせ »

2014年7月28日 (月)

朝日カルチャーセンター10月期の課題書

 朝日カルチャーセンター10月期「英米小説の翻訳」クラスの指定課題書が決まったので、お知らせします。

『シートン動物記 サンドヒルの雄ジカほか』(シートン著、越前敏弥訳、角川つばさ文庫)

『カステラ』(パク・ミンギュ著、ヒョン・ジェフン&斎藤真理子訳、クレイン)

『ライフボート』(シャーロット・ローガン著、池田真紀子訳、集英社文庫)

『シートン動物記 サンドヒルの雄ジカほか』は、10月期の英文課題でシートンの作品を扱うので、その準備を兼ねて選びました。もちろん、余力のある人は同じつばさ文庫から出ている『シートン動物記 オオカミ王ロボほか』も併せて読んでください。この2作については、かつてこの記事この記事で紹介しました。

『カステラ』は韓国でロングセラーとなっている短編集で、翻訳技術という点でも参考になりそうなので選びました。

『ライフボート』は、今年の出版社対抗ビブリオバトルで2位となった作品です。

 朝日カルチャーのクラスで翻訳書や周辺書の感想を全員に言ってもらうのは、当然ながら、翻訳書について知らなければ文芸翻訳の勉強をする意味がないからです。本音を言えば、半分ぐらいの時間をそれにあててもよいくらいです。翻訳文化の担い手であろうとするのであれば、最低でもこの程度のものは当然のこととして読んできてください。

 10月期の日程はまだ正式に発表されていませんが、東京は10月・11月・12月の最初の土曜、大阪は10月25日となる予定です。東京は上記の順に全部、大阪は今回は『シートン動物記』が必修で、ほかの2作も可能なら両方読んできてください。

「英米小説の翻訳」「文芸翻訳のツボ」両クラスの必修教材〈文芸翻訳入門〉をまだ入手していない人は、この記事からダウンロードしてください。受講生以外のかたもご自由にどうぞ。

« 出版翻訳データベース | トップページ | 第10回ミニイベントのお知らせ »

新刊・イベント・講座情報」カテゴリの記事