プロフィール

  • 越前敏弥
    文芸翻訳者。 いまのところ、更新は週1、2回程度です。 ご感想・お問い合わせなどは office.hyakkei@gmail.com へお願いします。
無料ブログはココログ

« 朝日カルチャーセンター7月期の指定課題書 | トップページ | 第9回ミニイベントの報告 »

2014年5月20日 (火)

INFORMATION 2014-05-20

 5月29日(木)に開催する第9回翻訳百景ミニイベントは、残席が10を切っています。参加を考えていらっしゃるかたは早めにお申し込みください。

 ゲストは河野万里子さんで、英仏両語の翻訳に長く携わっていらっしゃっての苦労話などを、新訳『星の王子さま』の実例を中心にお話ししていただきます。担当の編集者のかたにも途中から参加していただく予定です。

 内容とお申しこみについての詳細はこちらをご覧ください。

――――――――――

 先日公開した翻訳初学者用の冊子「文芸翻訳入門」をまだダウンロードしていないかたはこちらからどうぞ。翻訳の課題3問とシノプシスの実例ふたつが載っています。

「文芸翻訳入門」は、朝日カルチャーのクラスでは『日本人なら必ず悪訳する英文』と合わせて必修教材とします。講座に持参する必要はありませんが、熟読してあることを前提に話を進めます。

――――――――――

 第3回熊本翻訳ミステリー読書会が6月21日(土)におこなわれます。課題書は古典の名作中の名作とされるガストン・ルルーの『黄色い部屋の秘密』です。前回わたしも参加しましたが、初心者でもベテランでものんびりくつろいで語り合える会なので、はじめてのかたも遠慮なくご参加ください。翻訳書をあまり読んだことのない人にこそ来てもらいたいので、近隣のかたをご存じであればぜひご紹介ください。

 お申しこみの詳細はこちらにあります。

――――――――――

 6月いっぱいぐらいまで、大急ぎの仕事をいくつかかかえているので、あまり更新できないと思います。角川文庫のエラリー・クイーン国名シリーズ第6弾『アメリカ銃の秘密』は、6月20日ごろ刊行予定です。

« 朝日カルチャーセンター7月期の指定課題書 | トップページ | 第9回ミニイベントの報告 »

新刊・イベント・講座情報」カテゴリの記事