プロフィール

  • 越前敏弥
    文芸翻訳者。 いまのところ、更新は週1、2回程度です。 ご感想・お問い合わせなどは office.hyakkei@gmail.com へお願いします。
無料ブログはココログ

« 朝日カルチャーセンター(東京・大阪)1月期の日程 | トップページ | 2014年の予定など »

2013年12月16日 (月)

INFORMATION 2013-12-16

 告知がずいぶん遅くなってしまいましたが、11月下旬にグレアム・グリーンの短編集『国境の向こう側』(ハヤカワepi文庫)が刊行されました。『二十一の短篇』『見えない日本の紳士たち』と同じく、10人程度の訳者が分担して訳しています。今回、わたしは「新築の家」「はかどらぬ作品――ゲートルを履いたわが恋人」の2篇を担当しました。「新築の家」はつい最近まで朝日カルチャーのクラスで教材として扱っていたものです。

 グリーンの短編集の新訳はこれで一段落したとのことです。

―――――

 朝日カルチャーセンター(東京・大阪)の1月期の受付がはじまっています。内容の詳細についてはこちらをご覧ください。

 特に、「文芸翻訳のツボ」のクラス(東京大阪)は、現在の形でおこなうのは今期が最後なので、この機会に受講することをお薦めします。

 大阪で1月24日(金)にある講演会は、どなたでも参加できます。

―――――

 1月23日(木)の第8回翻訳百景ミニイベント(ゲスト・田内志文さん)は、好評につき広い部屋を借りなおしたので、まだお席の余裕があります。持ち込みを含めた翻訳企画の立て方の話が中心になります。内容や申しこみ方法の詳細についてはこちらをご覧ください。

―――――

 ダン・ブラウン『インフェルノ』は、おかげさまで順調に売れています。読者のかたの評価も、前作『ロスト・シンボル』よりもやや高いようなので、ほっとしています。

 関連書の売れ行きもなかなかよく、以前この記事で紹介した村松真理子さんの『謎と暗号で読み解くダンテ『神曲』』は、発売の翌週に早くも重版が決まりました。

 イタリア旅行などが当たるクイズキャンペーンは、引きつづき公式サイトで実施中です。

« 朝日カルチャーセンター(東京・大阪)1月期の日程 | トップページ | 2014年の予定など »

新刊・イベント・講座情報」カテゴリの記事