プロフィール

  • 越前敏弥
    文芸翻訳者。 いまのところ、更新は週1、2回程度です。 ご感想・お問い合わせなどは office.hyakkei@gmail.com へお願いします。
無料ブログはココログ

« 読書探偵作文コンクール開催 | トップページ | 翻訳ミステリー各地方読書会、さらに全国へ »

2013年7月 9日 (火)

INFORMATION 2013-07-09

 スティーヴ・ハミルトンのデビュー作『氷の闇を越えて』の新版があす発売されます。『解錠師』の読者の方々から、ハミルトンの過去のシリーズを読んでみたいという声が版元に数多く寄せられたため、このたび復刊されることになりました。この記事 に書いたことが現実になったわけです。このようなケースは非常に稀であり、声をあげてくださった読者のみなさんと、それに応えてくださった早川書房にお礼を申しあげます。

 新版『氷の闇を越えて』には、作者のスティーヴ・ハミルトンからの最新のメッセージと、新版用の訳者あとがきが載っています。また、わたし自身がかつて翻訳ミステリー大賞シンジケートに書いた文章はこちらです。

 復活したアレックス・マクナイト・シリーズをどうぞよろしくお願いします。

――――――――――

 7月12日(金)の第 11 回 Discover Book Bar第3回ツイッター小説大賞の授賞式を兼ねています)で、ゲストとして干場社長と対談させていただくことになりました。かぎられた字数でひとつの物語を編みあげていく点では、『Six-Words たった6語の物語』と共通する部分も多いので、ツイッター小説大賞の受賞作へのコメントとともに、six words の紹介もしていく予定です。

 Discover Book Barは、ディスカヴァーのセミナールームの横にあるライブラリで毎月開催されているミニイベントで、ドリンクを片手にゲストの話を聞いたり本好きの仲間と語り合ったりする気楽な集まりです。どなたでも参加できるので、興味のあるかたはこちらからお申しこみください。過去のイベントの様子はこちらで見ることができます。

――――――――――

 7月26日(金)の18時30分から20時まで、朝日カルチャーセンター大阪・中之島教室で、一般向けの講演会「翻訳百景~英語と日本語のはざまで」(翻訳百景大阪ミニイベント第3回)をおこないます(ここ)。今回はゲストとして、SF・ファンタジー・ミステリーなど多方面で仕事をなさっている文芸翻訳家の細美遙子さんをお招きし、後半は細美さんとの対談の形で進めていく予定です。特に、ジャネット・イヴァノヴィッチの読者のかたはぜひお越しください。

 翌27日(土)には、10時から13時まで「文芸翻訳のツボ」(ここ)、14時から17時まで「英米小説の翻訳」(ここ)の講座があります。「英米小説の翻訳」のクラスでは、今回はダン・ブラウンの Inferno を扱います。

 新宿教室の8月10日の「『日本人なら必ず誤訳する英文』実践講座」は、満席となり、キャンセル待ちが数名いらっしゃる状態です。同一内容の講座を11月23日におこなう予定です(お申しこみは8月下旬からになります)。 

――――――――――

 今年も読書探偵作文コンクールをよろしくお願いします。わたし自身は、今年から最終選考委員をつとめることになりました。

 協力してくださる学校・作文教室・児童館・図書館・書店などに心当たりのあるかたはご一報ください。事務局宛でも翻訳百景宛でも、どちらでもかまいません。

 

 

 

« 読書探偵作文コンクール開催 | トップページ | 翻訳ミステリー各地方読書会、さらに全国へ »

新刊・イベント・講座情報」カテゴリの記事