プロフィール

  • 越前敏弥
    文芸翻訳者。 いまのところ、更新は週1、2回程度です。 ご感想・お問い合わせなどは office.hyakkei@gmail.com へお願いします。
無料ブログはココログ

« INFORMATION 2013-04-19 | トップページ | 翻訳書の持ちこみ企画について »

2013年4月28日 (日)

INFORMATION 2013-04-28

 グレアム・グリーンの短篇集『見えない日本の紳士たち』(ハヤカワepi文庫)が刊行されました。

 

 訳出は10人の訳者によっておこなわれていて、わたしは「考えるとぞっとする」「医師クロンビー」の2篇を担当しました。どちらもなんとも奇妙な味の短篇です。

 グリーンの短篇を訳したのは、2005年に出た『二十一の短篇』以来2度目です(このときは「たしかな証拠」「第二の死」の2篇を担当)。

 さらに、今秋あたりにもグリーンの別の短篇集が出る予定です。

―――――

 まだ正式には告知されていませんが、朝日カルチャーセンター大阪中之島教室の次回の講座は7月27日(土)におこなう予定です。いつもと同じく、「文芸翻訳のツボ」が10時から13時、「英米小説の翻訳」が14時から17時です。

 また、前日の7月26日(金)の18時30分から20時には、4月に引きつづき、一般向きの講演会(翻訳百景大阪第3回)を開催します。この回は東京の翻訳百景ミニイベントと同じく、後半はゲストをお招きしての対談になります。

 ゲストは、ジャネット・イヴァノヴィッチのシリーズやSF・ファンタジーなどの訳書を多く出していらっしゃる細美遙子さん。どんな話をうかがえるか、いまから楽しみにしています。

 なお、7月期の指定課題書が決まりました。東京は3作全部、大阪はこのうち1作以上を読んできて、講座の最初の時間に全員に簡単な感想を言ってもらうことになります。

『ロスト・シンボル』(上中下、ダン・ブラウン著、越前敏弥訳、角川文庫)

『教科書に載ってないUSA語録』(町山智浩著、文藝春秋)

『喪失』(モー・ヘイダー著、北野寿美枝訳、ハヤカワ・ポケット・ミステリ)

« INFORMATION 2013-04-19 | トップページ | 翻訳書の持ちこみ企画について »

新刊・イベント・講座情報」カテゴリの記事