プロフィール

  • 越前敏弥
    文芸翻訳者。 いまのところ、更新は週1、2回程度です。 ご感想・お問い合わせなどは office.hyakkei@gmail.com へお願いします。
無料ブログはココログ

« 『英和翻訳基本辞典』について | トップページ | 今年の予定など »

2012年12月28日 (金)

INFORMATION 2012-12-28

◎角川文庫から、エラリー・クイーンの国名シリーズ第2弾『フランス白粉の秘密』が刊行されました。今後も続々刊行していく予定です。

Photo_2
――――――――――

◎第4回翻訳ミステリー大賞の最終候補作6作が決まりました。以下のとおりです。

『解錠師』スティーヴ・ハミルトン/越前敏弥訳(早川書房)

『罪悪』フェルディナント・フォン・シーラッハ/酒寄進一訳(東京創元社)

『湿地』アーナルデュル・インドリダソン/柳沢由実子訳(東京創元社)

『毒の目覚め』S・J・ボルトン/法村里絵訳(東京創元社)

『深い疵』ネレ・ノイハウス/酒寄進一訳(東京創元社)

『無罪 INNOCENT』スコット・トゥロー/二宮馨訳(文藝春秋)

 このあと、6作すべてを読んだ翻訳者による投票がおこなわれ、4月中旬に大賞が決定します。選考経過に関する記事はこちら

 これらは朝日カルチャー(東京・大阪)の講座の指定課題書としてあり、受講生全員がこのうち少なくとも1作(できればすべて)を読んで感想を言う時間を春までにとります。

――――――――――

 第6回翻訳百景ミニイベントは、2013年2月28日(木)の夜に、井口耕二さんをゲストとしてお招きして開催します。詳細についてはこちらをご覧ください。

――――――――――

 朝日カルチャーセンターの1月期の翻訳講座は、東京(新宿)が2月2日、3月2日、3月30日に、大阪(中之島)が1月26日におこなわれます。どちらも「文芸翻訳のツボ」「英米小説の翻訳」の2種類のクラスがあります。詳細についてはこちらをご覧ください。

――――――――――

 今年の更新はこれが最後になります。みなさん、よいお年をお迎えください。来年もどうぞよろしくお願いします。

« 『英和翻訳基本辞典』について | トップページ | 今年の予定など »

新刊・イベント・講座情報」カテゴリの記事