プロフィール

  • 越前敏弥
    文芸翻訳者。 いまのところ、更新は週1、2回程度です。 ご感想・お問い合わせなどは office.hyakkei@gmail.com へお願いします。
無料ブログはココログ

« INFORMATION 2012-11-15 | トップページ | 朝日カルチャーセンター(東京・大阪)1月期の日程 »

2012年11月23日 (金)

第5回ミニイベント報告

 きのう、第5回翻訳百景ミニイベントが表参道で開催されました。ゲストは『なんでもわかるキリスト教大事典』の著者・八木谷涼子さんと、この本の前身となった『知って役立つキリスト教大研究』の編集を担当した坂本久恵さん。ふだん使っている会議室の2倍の広さの部屋に、翻訳者や学習者だけではなく、作家や編集者や校閲者、教会関係者やキリスト教に興味のある一般のかたなど、おおぜいが集まってのにぎやかな講演会となりました。《週刊ST》の Bulletin Board を見て申しこんでくださったかたも何人かいらっしゃったようです。みなさん、ありがとうございました。

 前半は上記の2冊の成立事情や、キリスト教関係の調べ物で特に何に気をつけるべきかという話。後半は英文の具体例をあげて、訳語の選び方の話。とりわけ、ルビつきの資料や英米人が子供のころから暗記している文言をしっかり確認すべきという話は大変貴重で、あらためて、中途半端な調べ物はできないなと自戒したものです。

 残念ながら時間切れとなり、用意してくださった課題の一部しかお話をうかがえなかったのですが、残りのものについては、後日なんらかの形で八木谷さんのサイトやほかの媒体などで紹介してくださるそうです。八木谷さんならではの詳細な解説を楽しみにしています。

 もうひとつ、きのう感じたのは、よい著書はすぐれた著者だけでなく、すぐれた編集者とのコンビで生まれるものだということ。わたし自身も、初訳書の担当者をはじめとして、何人もの編集者のおかげで今日があるわけですが、電子出版になってもこういうのはそう簡単には変わらないだろうな、と思ったしだいです。

 次回(第6回)の翻訳百景ミニイベントは、2013年2月28日(木)に開催します。ゲストとして、井口耕二さんをお呼びする予定です。詳細は年が明けてからあらためてお知らせしますが、それ以前にお申しこみのメールを office.hyakkei@gmail.com 宛にくださってもかまいません。その際、本名または著訳書のペンネーム(ハンドルのみは不可)、当日連絡のつきやすい電話番号または携帯メールアドレスをかならず書いてください。

« INFORMATION 2012-11-15 | トップページ | 朝日カルチャーセンター(東京・大阪)1月期の日程 »

新刊・イベント・講座情報」カテゴリの記事