プロフィール

  • 越前敏弥
    文芸翻訳者。 いまのところ、更新は週1、2回程度です。 ご感想・お問い合わせなどは office.hyakkei@gmail.com へお願いします。
無料ブログはココログ

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月30日 (火)

Sauna-Lurker をどう訳すか

 発売中の《週刊ST》11月2日号に、連載「『ダ・ヴィンチ・コッド』に挑戦!」の第3回が掲載されています。

『ダ・ヴィンチ・コッド』のプロローグの冒頭は、"Jacques Sauna-Lurker lay dead in the main hallway of the National Art Gallery ..." という文ではじまります。これはもちろん、原典である『ダ・ヴィンチ・コード』の冒頭部分で、Jacques Saunière(ジャック・ソニエール)という人物の全裸死体がルーブル美術館の通路で見つかったことを下敷きとしたパロディです。それを踏まえたうえで、Jacques Sauna-Lurker という名前をどう訳すかというのが、連載第2回のテーマでした。

 ふつうに読めば、「ジャック・ソーナ-ラーカー」あたりでしょうが、それでは原典のパロディであることがまったく伝わりません。この作品は文学性を論じるようなものではなく、全編を通してばかばかしいことば遊びや親父ギャグが満載の作品ですから、そのことを最初に宣言する意味でも、かなりの冒険をしてよいところでしょう。

 sauna は「サウナ」で、lurker は「隠れる人」。なぜこんな名前にしたのか、正確なところは定かではありませんが、「ソニエール」にやや音韻が近いことと、なんとなくいかがわしい、なんとなく裸を連想させる名前であることの2つは見落とせないところです。この作品は東京・大阪の朝日カルチャーセンターのクラスなどでも同時に扱っているので、みんなに訳してきたもらったところ、おもしろい処理として「ジャック・サウナニイール」と「ジャック・スッポンポン‐ダンマリエール」というものがありました。前者は「サウナにいる」という意味を表しつつ、音の響きが「ソニエール」に似ているという、なかなかうまい処理です。後者は少々悪乗りがすぎる気がしますし、ダンマリエールの意味がよくわからないのですが(本人の説明によると、物言わぬ死体だから、ということでしたが、少々苦しいか)、このぐらいのインパクトがあってもいいかもしれません。

 わたし自身は、まず「サウナデカクレール」というのを考えつきましたが、ちょっと長すぎて読みにくいこともあり、最終的には「サウナデネール」(サウナで寝る)を採用しています。

 以上が《週刊ST》連載の第2回に書いた話の要約であり、先日の大阪講演でも同じ話をしました。大阪講演には、翌日の翻訳講座の生徒もたくさん参加していたので、上記の名前よりもいいものをあすまでに考えてきてください、と言って講演を終わりにしました。

 翌日のクラスで集まった名前の例は以下のとおりです。どれが正解とか、どれがいちばんよいとかいうのはありませんが、関西人のパワーが炸裂して、なかなか壮観です。ご参考まで。

・ジャック・サウナニッヒ・ソンデール

・ジャック・サウナデヌーグ

・ジャック・サウナ・ニ・コモール

・ジャック・サイ‐ナエール

・ジャック・ノゾキミール

・ジャック・サウナデノボセール

・ジャック・エセ・ソニエール

・ジャック・サウナ=ヒソーム

・ジャック・サウナデビール

2012年10月28日 (日)

第5回翻訳百景ミニイベントの内容

 11月22日(木)に開催予定の第5回翻訳百景ミニイベント(八木谷涼子さん講演会)は、申しこみ者多数のため、同一会場の大きな部屋をあらためて借りました。残席はまだありますが、参加を希望なさるかたは早めにご連絡ください。お申しこみの要領についてはこちらをご覧ください。

 当日は八木谷さんだけでなく、坂本久恵さん(『なんでもわかるキリスト教大事典』の前身である『知って役立つキリスト教大研究』の編集者)からもお話をうかがいます。おもに八木谷さんと坂本さんによる対談形式で、だいたい以下のような内容になる予定です。

・英文学の読者や翻訳者が知っておきたいキリスト教の基礎と調べもののコツ

・ここをこうしたらもっと伝わる(訳し方、注釈の付け方の実践)

・祈祷書・式文・教会グッズカタログあれこれの紹介(実物を見ながら)

・『知って役立つキリスト教大研究』『なんでもわかるキリスト教大事典』はどうやって世に出たのか

・事前に集めた質問への回答(時間にかぎりがあるため、すべてにお答えできるわけではありません)

 八木谷涼子さんのサイトはこちら、坂本久恵さんのサイトはこちらです。また、『なんでもわかるキリスト教大事典』が刊行されたとき、この本への思いをわたしが書いた記事はこちらです。

 翻訳者や翻訳学習者だけでなく、海外文化に興味を持つすべての人にとって、大変貴重な機会なので、ぜひお越しください。一般読者のかたも、作家や編集者などのかたも大歓迎です。

2012年10月23日 (火)

INFORMATION 2012-10-23

第5回翻訳百景ミニイベント(八木谷涼子さん講演会)は、残席わずかとなっていましたが、今回は同一会場の大きめの部屋をあらためて借りたので、まだお申しこみは可能です。内容などの詳細については今週末にあらためてお知らせします。

・第3回「真夏の読書探偵」作文コンクールの審査結果がここで発表されました。受賞者のかた、おめでとうございます。そして、応募してくれたすべてのみなさんに感謝しています。これからもぜひ、たくさんの翻訳書に親しんでいってください。最優秀賞受賞者のかたの作品は、今週末に翻訳ミステリー大賞シンジケートのサイトに掲載されます。

・シンジケートが後援している全国の翻訳ミステリー読書会の予定がこちらに一覧表示されるようになりました。参考になさってください。また、トップページには「翻訳ミステリー・イベントカレンダー」という一覧もでき、翻訳百景のミニイベントも紹介されています。

2012年10月 9日 (火)

INFORMATION 2012-10-09

 今月末ぐらいまで、翻訳の仕事をはじめて以来最も多忙な状態に陥っているので、諸情報を簡単にまとめておきます。

―――――

・エラリー・クイーンの国名シリーズ新訳第1弾『ローマ帽子の秘密』(青木創さんと共訳)は、今月25日ごろ刊行予定です。アマゾンで予約受付を開始しました。

―――――

・翻訳百景の金沢講演と、金沢ミステリー倶楽部のレーン4部作読書会が無事終了しました。

 石川県立図書館での講演には150人ぐらいが来てくださいました。老若男女、さまざまなかたに、翻訳と翻訳書のおもしろさを少しでも知ってもらえたのであれば、こちらの本望です。ダン・ブラウンの未訳原書やサイン本、『Xの悲劇』の6種類の訳書の対訳コーナーなど、「翻訳を楽しむ」というテーマの展示(3階閲覧室)は今月下旬までつづくようなので、お近くのかたはぜひお立ち寄りください。

 読書会はマニアのかたから、翻訳ミステリーをあまり読んだことがないという高校生まで、20名近くの方が和気藹々と、それでいて全員がしっかり読みこんで話し合っているさまがとても頼もしく感じられました。シンジケート後援の各地方読書会にも、今回の経験を生かしていきたいと考えています。

―――――

・翻訳百景の大阪版イベントは、朝日カルチャーセンター中之島教室で10月26日(金)の夜におこないます(お申しこみはここ)。翌日の講座への導入という意味も半分ぐらいあるので、翌27日に「文芸翻訳のツボ」や「英米小説の翻訳」を受講する人はなるべく参加してください。翻訳学習者以外もじゅうぶん楽しめる内容で、関西翻訳ミステリー読書会の紹介などもする予定です(内容の一部は東京や金沢でのイベントと重複します)
―――――

・第5回翻訳百景ミニイベント(11月22日)では、『なんでもわかるキリスト教大事典 (朝日文庫) 』の著者、八木谷涼子さんをゲストとしてお招きします。非常に貴重な機会なので、翻訳や翻訳書に少しでも興味のある人はぜひお越しください。すでに8割以上のお席が埋まっているので、参加を希望なさるかたは早めにお申しこみください。詳細はここ

―――――

・小学生から高校生を対象とした「真夏の読書探偵」作文コンクールは、すでに1次選考の結果がここで発表されました。最終選考の結果は今月19日(金)にシンジケートのサイトで発表します。もうしばらくお待ちください。

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »