プロフィール

  • 越前敏弥
    文芸翻訳者。 いまのところ、更新は週1、2回程度です。 ご感想・お問い合わせなどは office.hyakkei@gmail.com へお願いします。
無料ブログはココログ

« 読書探偵をよろしく | トップページ | 枢機卿、法王、教皇 »

2012年8月 7日 (火)

INFORMATION 2012-08-07

 9月6日から隔週木曜日に、5回連続の講座「『日本人なら必ず誤訳する英文』実践講座」をディスカヴァーのセミナーホールで開催します。

 この講座では『越前敏弥の日本人なら必ず誤訳する英文 (ディスカヴァー携書)』を予習テキストとして、類題や新作問題の演習、文法知識のチェックなどをおこなっていきます。正確な読解ができているかを確認するための英文和訳問題も毎回数問出題し、これについての添削指導もします。扱う英文はフィクション・ノンフィクション・図鑑・実務系など、さまざまなジャンルにわたっています。

 対象となるのは、誤訳・誤読に悩まされている翻訳学習者・語学学習者全般です。1回の講座で『日本人なら必ず誤訳する英文』の〈PART A〉の2章ぶんずつ進み、文法項目ごとに弱点を洗い出していきます。

 これはディスカヴァー主催の講座なので、当ブログでは申し込みを受けつけていません。参加を希望なさるかたはこのページからお申しこみください。

――――――――――

・「真夏の読書探偵」作文コンクールの募集がはじまりました。要項や各出版社からのメッセージ・推薦書リストは、ここにまとめてあります。PDF版の推薦書リストはここにありますので、どなたでもダウンロードしてお使いください。

 未来の翻訳書読者を増やしていくことを目的にはじめたこのコンクールの趣旨に賛同してくださるかたはぜひご協力ください。広く告知できそうな方法をご存じのかたは、ご一報くだされば、できるかぎり対応します。

――――――――――――――――――

・朝日カルチャーセンター大阪・中之島教室の10月期は、まだ正式な案内は出ていませんが、10月27日(金)に開講する予定です。いつもと同じく、「文芸翻訳のツボ」は10時から13時まで、「英米小説の翻訳」は14時から17時までです。

・東京・新宿教室の7月期は、すでに1回終了し、9月1日、9月22日の2回ですが、途中からの参加も受け付けています。「文芸翻訳のツボ」は10時からの回(ここ )と15時15分からの回(ここ)のどちらか一方を受講してください。「英米小説の翻訳」は12時半からの回(ここ)のみです。はじめて参加するかたは、なるべく「文芸翻訳のツボ」(半年で完結)から受講してください。

« 読書探偵をよろしく | トップページ | 枢機卿、法王、教皇 »

新刊・イベント・講座情報」カテゴリの記事