プロフィール

  • 越前敏弥
    文芸翻訳者。 いまのところ、更新は週1、2回程度です。 ご感想・お問い合わせなどは office.hyakkei@gmail.com へお願いします。
無料ブログはココログ

« INFORMATION 2012-03-09 | トップページ | INFORMATION 2012-03-19 »

2012年3月15日 (木)

six words の月間テーマ別投稿

 ツイッターの日本版 six words 投稿アカウント(@sixwordsjp)では、去年の夏から毎月ひとつのテーマを決めての投稿を募ってきました。今月いっぱいでその募集をいったん休止するので、ここまでの最優秀作品をまとめて紹介します。

【2011年7月 テーマ "past 10 years"】

 Kid's toys were replaced with boyfriends. (@Ssra_templeさん)

【2011年8月 テーマ "summer"】

 Everybody, here comes season for BEER!! (@kwamasameさん)

【2011年9月 テーマ "future"】

 Mother and child. Yeah, another life. (@blueledroseさん)

【2011年10月 テーマ "autumn"】

 Where? Only see summer and winter... (@kaizakikumotaさん)

【2011年11月 テーマ "friends"】

 They are my saviours. Whenever, wherever. (@azu100さん)

【2011年12月 テーマ "2011"】

  Smiling makes things a bit better.  (@ayaco25さん)

【2012年1月 テーマ "winter"】

  Frosted ground. Just like chocolate cake.  (@svbrockenさん)

【2012年2月 テーマ "job"】

 Mr. Deadline, don't rush me, please.   (@snowballtreeさん)

【2012年3月 テーマ "spring"】

 Spring - into action, or unto bed? 春眠、暁 認めず (@Garyou_Tenseiさん)

 独断と偏見によりますが、去年の夏からの傑作集(月別テーマと関係ないものも含む)と、わたし自身の作った six words はここにまとまっています(ツイッターに登録していない人も見ることができます)。自作でいちばん気に入っているのはこれです。

 "Discover" is the anagram of "divorces".
 six-word memoirs の本家 SMITH Magazine の投稿用サイトはここ。毎日、最優秀作品が "Six-Word Memoir of the Day" として選出されます。
 日本で2010年11月に刊行された英和対訳版『Six-Words たった6語の物語』には、有名・無名を問わず1,000人近い人たちの作品が収録されています。 

 今後もテーマ別以外の投稿はひきつづき募集していますし、毎日『Six-Words たった6語の物語』から1作紹介しているので、これからもよろしくお願いします(ツイッターに登録していない人もここで見ることができます)。

« INFORMATION 2012-03-09 | トップページ | INFORMATION 2012-03-19 »

six words」カテゴリの記事